FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ジェミニマン (2019) ★
政府機関で働いていた超人的な戦闘能力を持つ男が引退しようとするが、彼よりはるかに若いのに彼と同等の能力を持つ男に命を狙われる。
 映画は3D、4K、HFR(120fps)で撮影された。ただしそれを満喫できるのは上映設備のある映画館に限られる。私が観たのは通常の2D版だが、それでもなかなかの迫力だった。特にコロンビアでの追いかけっこシーンはとんでもない迫力だった。


□ DIAの凄腕スナイパーのヘンリーはベルギーで高速列車に乗ったテロリストを車外から狙撃する任務を成功させる。しかし自分の衰えを感じたヘンリーは引退を決意する。ヘンリーは51歳でこれまでに72人を暗殺した。
 ジョージア州で魚釣りを楽しんでいたヘンリーは民間人に化けてヘンリーを監視していた若いDIA女性捜査官のダニーを見破った。
 ヘンリーは旧友のジャックからベルギーで射殺したのはテロリストではなく科学者だと聞かされた。その情報はブタペストのユーリからもたらされた。
 ジャックが殺され、ヘンリーの自宅がDIAの武装集団に襲われる。ダニーも襲われるがヘンリーが助けた。
 ヘンリーは旧友バロンの助けを借りダニーと共にコロンビアのカルタヘナに身を隠す。

 男がヘンリーを襲ってくる。その男はまるでヘンリーの次の動きを知っているかのように攻撃してきた。その男はヘンリーよりかなり若いが顔は瓜二つだった。ダニーはヘンリーの息子ではないかと疑う。
 男も戸惑っていた。ヘンリーはまるで男の動きをすべて知っているかのようだった。男は、テロリストとの戦闘を請け負う組織ジェミニを運営しDIAとも関係の深いヴェリスの養子だった。ヴェリスは孤児だった男を引き取り育ててくれた。男はジュニアと呼ばれていた。

 ヘンリーはブタペストでユーリと会う。ヘンリーが殺したのはジェミニのために働いていた科学者だった。
 ダニーは、カタルヘナで襲ってきた男の血液とヘンリーの血液のDNAを調べさせた。DNAは完全に一致した。ふたりは親子ではなく、クローンだった。
 カタコンベで、ジュニアと戦ったヘンリーとダニーは、ヴェリスはやさしい気持ちで孤児を育てたのではなく、優秀な兵士を製造して育てたのだと説得しようとする。
 ・・・・・


> DIA:Defense Intelligence Agency (米国国防情報局)

・ 監督: アン・リー
・ 出演: ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クライヴ・オーウェン、ベネディクト・ウォン、ラルフ・ブラウン

■ジェミニマン GEMINI MAN (2019/2019)(字幕)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6273-18e2ed02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)