FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
マレフィセント2 (2019) ★★
ディズニー映画「マレフィセント(2014)」続編。人間に不信感を持つマレフィセントは人間の娘オーロラを妖精の国ムーアの女王にした。
オーロラは人間のフィリップ王子と結婚し、長い間敵対してきた二つの国をひとつにしたいと考える。

□ 妖精の国ムーアの女王オーロラは、隣国人間の国アルステッドのフィリップ王子からのプロポーズを承知する。。
 オーロラは嫌がるゴッドマザーのマレフィセントを説き伏せてアルステッドの国王夫妻を訪ねた。食事中、マレフィセントが突然魔力を使ったうえに、国王に呪いをかけて眠らせてしまう。オーロラはマレフィセントに怒りをぶつけマレフィセントは飛び去った。オーロラはムーアに戻るがマレフィセントはいなかった。アルステッドに戻ったオーロラを、フィリップの母親であるイングリス王妃が慰めた。

 実はすべての黒幕はイングリス王妃だった。国王とフィリップ王子はムーアとの平和を望んでいるが王妃は攻め滅ぼして領土にするつもりだった。そのため国王や王子には内緒で武器を製造させ妖精を殺す薬を開発させている。食事中わざとマレフィセントを怒らせた。飛び去ったマレフィセントは待機していた王妃の部下に鉄の弾で撃たれて傷つき海に沈んだ。マレフィセントに似た大きな翼を持つ何かがマレフィセントの身体を抱えて飛び去った。

 マレフィセントが意識を取り戻すと大きな翼を持つダークフェイが住む洞窟にいた。かってどこにでもいた彼らは人間に追いやられて今はその洞窟だけが安心して住める場所だった。ダークフェイはマレフィセントに似た姿だがマレフィセントのような強力な魔力は持っていない。ダークフェイを率いるコナルは人間との共存を望んでいるが、ボーラは戦おうとしている。

 イングリス王妃はフィリップ王子とオーロラの結婚式を3日後に決め、ムーアの住人達全員も招待する。王妃はムーアの妖精たちを閉じ込めて皆殺しにしようとしている。またもっと強力な敵に備えて戦争の準備をさせていた。
 オーロラは城の中で秘密の研究室を見つけ、国王を眠らせたのがマレフィセントではなくイングリス王妃だと知った。しかし王妃に監禁されてしまう。
 結婚式に出席するためにムーアの妖精たちが続々とアルステッドにやってくる。その中にはオーロラを育てた3人の妖精たちもいる。
 ・・・・・


> 最後にマレフィセントが「洗礼式に来る」と言う。 「マレフィセント(2014)」ではオーロラの洗礼式に現れたマレフィセントがオーロラに呪いをかけた。
 

・ 監督: ヨアヒム・ローニング
・ 出演: 
    アンジェリーナ・ジョリー    ... マレフィセント
    エル・ファニング        ... オーロラ
    ミシェル・ファイファー     ... イングリス王妃
    サム・ライリー         ... ディアヴァル
    ハリス・ディキンソン      ... フィリップ王子
    キウェテル・イジョフォー    ... コナル
    エド・スクライン         ... ボーラ
    イメルダ・スタウントン、 ジュノー・テンプル、 レスリー・マンヴィル  ...3人の妖精

■マレフィセント2 MALEFICENT: MISTRESS OF EVIL (2019/2019)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6270-2c11ed1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)