FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
僕たちのラストステージ (2018) ★
ローレル&ハーディは1920後半~1930年代のサイレント映画からからトーキーの時代に非常に人気があった米国のお笑いコンビ。プロデューサーのハル・ローチの元で数多くのコメディ映画に出演した。
 1941年にふたりはハル・ローチと別れフォックス映画と契約した。その後、ヨーロッパ・ツアーを行った。1950-51年には彼らの最後の映画となるフランス・イタリア合作映画"Atoll K"に出演した。
 今回DVDで観た映画は、1953年に彼らが行った英国-アイルランド・ツアーを描いている。


□ 1937年、ローレル&ハーディはハリウッドで最も偉大なコメディ・スターだった。彼らの映画は世界中で上映され、何百万人もの人たちを笑わせていた。彼らは頂点にいた....

 16年後(1953年)、ローレル&ハーディは巡業のため英国のニューカッスル(スコットランド北部)にいた。世間の人たちからは彼らはとっくに引退したと思われていた。
 用意されていたのは安ホテルだった。小さな劇場だったが空席だらけだった。ふたりともすでに老人だが自分たちで重い荷物を運んで移動しなければならなかった。
 彼らと契約した興行主はなんの宣伝もしていなかった。ふたりはノーギャラで取材を受けたり普通の店の店頭に現れてギャグをやって話題を作りながら各地を巡った。
 各地で話題になり観客も増えて行った。ロンドン公演の劇場は大きな劇場に変更された。
 ふたりはお互いの妻をロンドンに呼び寄せた。
 彼らは映画「ロビン・フッド」への出演を楽しみにしていたが資金不足で製作は中止された。
 ふたりは大劇場で大成功を収めた。
 オリバー・ハーディが倒れる。スタン・ローレルはオリバーの復帰まで別のコメディアンとコンビを組むように提案されるが気が進まなかった。しかしオリバーは医師から直ちに帰国して治療するように勧められた。
 ・・・・・・



・ 監督: ジョン・S・ベアード
・ 出演: 
    スティーヴ・クーガン    ... スタン・ローレル、英国人   1890-1965
    ジョン・C・ライリー      ... オリバー・ハーディ、米国人 1892-1957
          ニナ・アリアンダ、シャーリー・ヘンダーソン、ダニー・ヒューストン、ルーファス・ジョーンズ

■僕たちのラストステージ STAN & OLLIE (2018/2019、英国/カナダ/米国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6264-29625592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)