FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
巌窟の野獣 (1939、英国)
約80年前、米国行きが決まっていたヒッチコックが英国で最後に担当した作品。「参考文献」でヒッチコックはまったくばかげた作品と言っている。

ヒロインのモーリン・オハラはメアリーと同じアイルランド生まれ。「三十四丁目の奇蹟 (1947)」など数多くの米国映画に出演した。


□ 19世紀末、英国西南部コーンウォールのジャマイカ亭は悪党たちの巣窟だった。金目の荷物を積んだ船の情報が入ると灯台の灯りを隠して複雑な海岸線に誘い込み難破させ船員を皆殺しにして積み荷を奪った。
 ある日、若いアイルランド女性のメアリーがやってくる。メアリーはジャマイカ亭の亭主ジョスの妻ペイシャンスの姪で、両親を亡くし叔母と暮らすためにやってきた。領主で治安判事のペンガラン卿が自らメアリーをジャマイカ亭に案内した。

 ジャマイカ亭の悪党たちはなぜ自分たちの分け前がわずかなのか議論していた。結論として新入りのトレハンが横流ししていることになり縛り首にした。メアリーはトレハンを助ける。怒った悪党たちがメアリーも殺そうとするのでふたりは一緒に逃げた。
 悪党たちに追われたトレハンとメアリーはペンガラン卿の館に逃げ込んだ。
 トレハンはペンガラン卿に自分が警察官(海軍中尉)だと明かした。この海岸で難破が多く生存者がゼロということに保険会社が気づき内務省から潜入捜査を命じられた。悪党たちを指揮しているのはジャマイカ亭の亭主だが、トレハンは黒幕がいると考えている。
 トレハンが警察官でペンガラン卿とジャマイカ亭の捜索に向かおうとしていることを知ったメアリーは、ジャマイカ亭に戻り叔母に逃げるように言うが叔母は夫を置いてはいけないと逃げようとしなかった。
 トレハンとペンガラン卿がジャマイカ亭にやってきて家探しを始める。悪党たちが戻りトレハンとペンガラン卿は捕らえられてしまう。
 ジョスはペイシャンスにふたりを見張らせ、メアリーと手下たちを連れて出かける。
 ジョスは手下たちを連れて金塊を満載した船が通過するはずの海岸にやってくる。ジョスは手下に海岸警告灯を消させた。メアリーが警告灯を点灯させたため船は無事に海岸線から遠ざかることができた。
 手下たちがメアリーを殺そうとしたため、ジョスはメアリーを連れてジャマイカ亭に戻る。
 黒幕はペンガラン卿だった。ペンガラン卿はペイシャンスを殺し手下に撃たれたジョスも死ぬ。ペンガラン卿は金目のものを持ってフランスに逃げるつもりで、メアリーも連れて行こうとしている。
 トレンスが兵隊を連れてジャマイカ亭に戻ってきて悪党たちが捕らえられる。トレンスは兵隊を連れて港に行く。トレンスはメアリーを助けた。ペンガランはマストから飛び降りて死んだ。


> ジョージ4世が新国王になったのは1820年

・ 監督: アルフレッド・ヒッチコック
・ 原作: ダフネ・デュ・モーリア
・ 出演: チャールズ・ロートン、モーリン・オハラ、レスリー・バンクス、ロバート・ニュートン

【参考文献】 「ヒッチコック 映画術 トリュフォー」(晶文社)

◇巌窟の野獣 JAMAICA INN (1939/1952、英国)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6255-8852425f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)