FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
レフティ・ブラウンのバラード (2017) ★
西部開拓時代、やっと法の整備が始まりかけたころ、悪人を罰するのに法が間に合わずリンチが当然のこととして行われていた。
上院議員に選出されたエディでさえリンチに後ろめたさはない。
 昔からの仲間たちは出世したのにおいぼれのレフティ・ブラウンは相変わらずさえないカウボーイ。仲間が殺されレフティは犯人を追う。西部小説の英雄伝を信じた若者と出会う。
 DVDで観た。


□ 1989年 モンタナ
 60歳過ぎのレフティ・ブラウンの40年来の友人エドワード(エディ)・ジョンソンが上院議員に選出され妻ローラと共にワシントンに行くことになる。エディはレフティに牧場を任せるつもりだ。かっての仲間のトムは一時は酔いどれていたが今は連邦保安官、ジミーは知事になっている。レフティはよれよれのカウボーイのまま。
 エディの牧場から馬3頭が盗まれレフティとエディが追った。長い金髪で背の高い男に遠方から撃たれレフティは怪我をしエディは死んだ。レフティはひとりで犯人を追跡する。知事のジミーは民兵に犯人追跡を指示した。

 レフティは西部小説(注)の英雄にあこがれる二丁拳銃の少年ジェレマイアと出会う。追ってきたトムが加わる。
 レフティたちは小屋にいた犯人たちと撃ち合いになる。ジェレマイアが撃たれた。
 大金を届けに来た知事の部下が撃たれて死んだ。
 レフティたちは金髪の男(フランク・ベインズ)を捕らえた。
 トムは再び酔いどれとなり保安官バッジを置いて出て行った。

 レフティはフランクとジェレマイアを連れて小屋を出るが待ち伏せしていた2人に捕らえられる。2人はカネ(エディを殺した報酬)を探している。レフティは馬が盗まれたのはエディを誘い出すためだったと気づいた。撃ち合いで2人とフランクが死んだ。ジェレマイアが苦しみだしレフティは助けを呼ぶためひとりで牧場に戻る。知事がローラに手紙で「エディを殺したのはレフティ」と知らせたためレフティは牧童たちに縛り首にされそうになる。

 レフティは牧場から逃げジェレマイアを看病した。エディを殺した黒幕はジミーだった。
 町ではエディの追悼会が開かれようとしている。知事のジミーがあいさつする予定。トムは酒場で酔いつぶれている。
 ・・・・・


(注) 西部小説:西部開拓時代、西部で活躍する人たちを描いた小説。映画と同様、実在の人物名を使っていても物語はおもしろく脚色されていた。


・ 監督: ジャレッド・モシェ
・ 出演:
    ビル・プルマン       ... レフティ・ブラウン
    トミー・フラナガン     ... トム・ハーラー、連邦保安官
    ピーター・フォンダ     ... エドワード・ジョンソン、上院議員
    キャシー・ベイカー     ... ローラ・ジョンソン
    ジム・カヴィーゼル     ... ジミー・ビアース知事
    ジョー・アンダーソン    ... フランク・ベインズ、背の高い金髪男
    ディエゴ・ジョセフ      ... ジェレマイア・パーキンス、少年

> 別の邦題: 「ワイルド・ウエスト 復讐のバラード」

■レフティ・ブラウンのバラード THE BALLAD OF LEFTY BROWN (2017/---)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6253-cc380b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)