FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ちいさな独裁者 (2017) ★
ドイツ降伏の直前、ドイツ軍脱走兵ヘロルトが将校の軍服を拾ったことから権力をふりかざすようになり部下たちに大量殺人を実行させる。第二次世界大戦の実在した戦争犯罪人ヴィリー・ヘロルト"Willi Herold"、別名「エムズランドの死刑執行人„der Henker vom Emsland“」の物語。 DVDで観た。

 大量虐殺を行ったときヘロルトは19歳だった。

 1925年9月に生まれたヘロルトは子供の頃煙突掃除の訓練を受けた。1943年9月、ヘロルトは兵役に招集されイタリアで戦った。1945年3月、ヘロルトの部隊はドイツに移動。4月初めヘロルトは部隊から逃げた。

□ 1945年4月敗戦間近のドイツ。ドイツ軍脱走兵ヴィリー・ヘロルトが雪の中でぬかるみにはまって乗り捨てられたドイツ軍の軍用車を見つけ、トランクに入っていた勲章のついた将校用の軍服に着替えた。部隊とはぐれたフライターク上等兵がヘロルトを将校と勘違いして指揮下に入り車をぬかるみから出した。
 途中、はぐれ兵を拾いながらヴィリー・ヘロイト大尉の部隊はエムスラント収容所に到着する。ヘロイトは総統直々の命令で後方の現状を調査していると告げた。
 脱走兵等を収容している収容所は満杯状態で脱走に手を焼いていた。できれば処刑したいが権限がない。
 ヘロイト大尉は自身の権限で即決軍事裁判を行いその日のうちに100人近くを処刑させた。

 収容所が空爆される。

 ヘロルト即決裁判所は収容所を放棄した、
 ヘロルトは連合軍に対し白旗を掲げていた住民を射殺した。

 ヘロルトたちは野戦憲兵に逮捕され、ヘロルトの身分詐称がバレて軍事裁判にかけられる。
 極刑が妥当という意見に対し、軍人としてヘロルトに同調し前線で戦わせるべきという意見もあった。ヘロルトは勇ましく戦うと叫んだ。ヘロルトは脱走し、行方をくらました。

 1945年5月、ヘロルトは英国海軍に逮捕される(注)。
 1946年11月、6名の仲間と共に処刑された。


(注) パンを盗んで捕まった。


・ 監督: ロベルト・シュヴェンケ
・ 原作; ROBERT SCHWENTKE
・ 出演:
    マックス・フーバッヒャー   ... ヴィリー・ヘロルト
    ミラン・ペシェル   ... フライターク
        フレデリック・ラウ、ベルント・ヘルシャー、ワルデマー・コブス、アレクサンダー・フェーリング、
        ザムエル・フィンツィ、ヴォルフラム・コッホ

■ちいさな独裁者 DER HAUPTMANN (2017/2019、ドイツ/フランス/ポーランド、ドイツ語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6235-44df412c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)