FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
アド・アストラ (2019) ★
近未来。月ではたくさんの家族が生活している。火星のラントス所長は火星生まれで一度だけ地球に行ったことがある。
描かれているのはSFの世界なんだけど、SFらしさを感じさせないドラマ
原題"AD ASTRA"はラテン語で"TO THE STARS"の意味。


□ 地球全域を原因不明の大規模サージ(電気嵐)が襲い大きな被害が出る。大気圏外の宇宙アンテナで船外作業中だったロイ・マクブライド少佐は振り落とされるが冷静に対処して無事に地表に降り立った。ロイは常に冷静で脈拍が80を超えることはない。ロイの愛情を感じられなかった妻は離婚した。

 ロイの父親クリフォード・マクブライドは地球外の知的生命体を見つけるリマ計画の司令官として海王星に向かったが16年後消息を絶った。クリフォード・マクブライドは誰もが知る英雄となった。

 落下の報告で出頭したロイは意外な話を聞かされる。原因不明とされているサージは海王星のリマからもたらされたと考えられ、クリフォード・マクブライドが生きている可能性がある。サージは非常に危険なもので繰り返されれば太陽系全体を破壊しかねない。
 ロイは極秘任務で、サージの影響を受けなかった火星のエルサ基地から父親に呼びかけるよう命じられた。
 まず商用に見せかけて月に行き、ケフェウスに乗り換えて火星に向かう。
 ロイの任務は、エルサ基地のヘレン・ラントス所長にも秘密だった。

 ロイは父親に呼びかけるが応答はなかった。
 ロイは任務に不適格と判断され地球に戻るように命令される。

 ラントス所長はロイの任務がリマについてのものだと感づいていた。
 軍はリマで起きたことを伏せていた。極秘にされているクリフォード・マクブライドからのメッセージによればリマで反乱が起きクリフォードが鎮圧したが反乱者でない乗組員も犠牲になった。リマは帰還せず任務を続けるというもの。ラントス所長の両親も死んだ。

 ロイの呼びかけにクリフォードが応答しなかったため軍はケフェウスをリマに送り核爆弾で破壊しようとする。
 ロイはケフェウスを乗っ取り、単身で海王星に向かった。

 ロイは核爆弾を持ってリマに乗り込んだ。中には父親がいた。サージをセットしたのは反乱者でクリフォードはセットを解除できなかった。ロイは地球に帰るように父親を説得した。
 ・・・・・



・ 監督: ジェームズ・グレイ
・ 出演: 
    ブラッド・ピット        ... ロイ・マクブライド
    トミー・リー・ジョーンズ   ... クリフォード・マクブライド
    ルース・ネッガ        ... ヘレン・ラントス
       ジョン・オーティス、 リヴ・タイラー、 ドナルド・サザーランド

★アド・アストラ AD ASTRA (2019/2019) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6232-ea13c72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)