FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
アンノウン・ボディーズ (2017、ベルギー) ★
6体の猟奇殺人死体が見つかる。6体には連続殺人によくみられる共通性がない。捜査主任はプロファイリングの専門家を招聘し捜査をまかせる。部下のベテラン刑事はプロファイラーをバカにしている。プロファイリングを過信するプロファイラーと主任、自分の長年の経験と勘を過信するベテラン刑事はそれぞれ容疑者を見つける。ベルギー映画。DVDで観た。


□ 砂地から6体の頭のない女性の全裸死体が見つかる。埋められ腐敗しているものもあった。指紋が消されていたが身元はつきとめられた。年齢、顔の特徴や体型、毛髪の色、職業、失踪した場所などまちまち。連続殺人犯にみられる被害者の共通性が見つからない。

 捜査を指揮するフィンケ主任はユーロポールのオランダ人プロファイラーのアントン・ムルデルに協力を依頼した。部下でベテランのフレディ警部は“プロファイラー”を内心馬鹿にしている。
 ムルデルは暴力犯罪連携分析システムを起動する。刑事たちが必要なデータを入力すればコンピュータが犯人像を割り出してくれる。

 ドエルで遺体を見つけたという通報でフレディが急行する。遺体は消えていて作業ベストだけを着た全裸の女性を保護した。女性は精神科医のリナ・ヴァン・リルデ。リナは自分が赤髪になっているのに驚いた。リナは当初記憶があいまいだったがやがて誰かにさらわれたことを思い出した。しかしリナはかって泥酔して失踪したことがあった。フィンケはフレディにリナの件は別件なので捜査するなと命じた。
 過去にケルンで同様の事件があったことがわかる。フィンケは部下にケルンからの転居者を優先的に洗えと指示した。
 ケルンからの移住者のうち4人が容疑者として浮かび上がる。

 リナが狙われていると考えているフレディはリナと接触を続けリナが勤務するリハビリセンターの患者のパトリックを疑い始める。リナによればパトリックはハンマーをお守りのように持ち歩いている。フレディはリナと寝たことをフィンケに知られてしまう

 フィンケとムルデルは、容疑者を米国大使館員のコーディとゲームソフトメーカーCEOのホイバーグに絞り込む。
 リナが働くリハビリセンターの庭に立てられた棒の上に赤い髪の女性生首が6つ並べられていた。フレディは保護するためにリナを連れ出す。
 容疑者のひとりが自殺し事件は解決する。ムルデルは事件から抜けた。
 フレディはリナとの関係で捜査判事に呼ばれ拘束される。

 容疑者の自殺が偽装と判明する。
 検死医が生首を調べた結果赤い髪の染料はリナが赤髪で発見されたときののものと一致した。3つはハンマーでなぐられていた。
 刑事の一人がフレディが患者のパトリックがハンマーを持ち歩いていると言っていたことを思い出した。 
 リハビリセンターのパトリックの部屋から女性看護士の死体が見つかる。リナは行方不明。

 パトリックの住所がつきとめられフィンケたち警察が急行する。捜査判事から逃げ出したフレディも建物にとびこんだ。フレディは冷凍庫からリナを救出する。
 逃げたパトリックは市場で拳銃を乱射、フィンケとフレディに撃たれた。
 しかしフィンケは妙なことに気がついた。・・・・・



・ 監督: ヤン・フェルヘイエン
・ 原作: ジェフ・ヒーラールツ
・ 出演: ケーン・デ・ボーウ、ヴェルナー・デ・スメット、マルセル・ヘンセマ、グレッグ・ティマーマンズ、ソフィー・ホーフラック

>  オランダ語原題"HET TWEEDE GELAAT" = 英語直訳"THE SECOND FACE"

■アンノウン・ボディーズ HET TWEEDE GELAAT (2017/2019、ベルギー、フラマン語(オランダ語)) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6216-a113ad0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)