FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
シャドウワールド (2019)  ■
2019年に英国がEUから離脱、ほどなくEUが解散。2021年に新しくEF(欧州連邦)が発足する。2022年12月の大統領選の3週間前、暫定EF大統領の選対委員長が銀の弾で射殺された。

 実はこの世の中には人間に交じってウルフ(狼人間)や吸血鬼がいる。ウルフは人を食わないし吸血鬼は人の血を吸わず昼間出歩いている。ただし人間離れした戦闘能力を持ち通常の銃で撃たれても死なない。ウルフと吸血鬼は避けあっているがふだん殺し合いなどはしていない。現職EF大統領夫妻は夫がウルフ、妻が吸血鬼。DVDで観た。


□ 2019年、英国がEUから離脱。2020年、EU解散。
 2021年にEF(欧州連邦)が発足し、シャーマン氏が暫定大統領に就任する。2022年12月2日に行われる大統領選挙で正式の大統領が決まる。

 11月13日深夜、パリ北駅近くでシャーマン大統領の選対委員長のハリーが撃たれた。ハリーは死ぬ直前に姪で探偵のクリスティに電話し「銀の弾で撃たれた。ランドル・ジャクソン」と言い残した。
 現場でクリスティの顔見知りのハンター刑事が死体を見せてくれるがマクレガー警部補はクリスティを追い出した。
 クリスティは大統領夫人のパトリシアから「夫の命が狙われている。ハリーの殺害犯を見つけてほしい。」と依頼される。パトリシアによれば、ハリーを殺したのはハリーやクリスティと同じウルフ(狼人間)。パトリシアは吸血鬼、大統領や対立する大統領候補もウルフ。
 クリスティはハリーが言い残したランドル・ジャクソン(ウルフ)を追う。

 事件を追っていたブリュッセル警察のブレイズ刑事が車に仕掛けられた爆弾で死亡した。
 マクレガー警部補とクリスティがまとめて命を狙われる。マクレガー警部補はウルフや吸血鬼の存在を知った。

 大統領が狙撃され死亡する。パトリシアが夫に代わり立候補し大統領となる。
 クリスティは事件の黒幕をつきとめた。
 ・・・・・



・ 監督: ティアゴ・メスキッタ
・ 出演: シャーロット・ベケット、リンジー・ローハン、ジャンニ・カパルディ、ドミニク・マダニ、Reynald Biales、バリー・ジェイ・ミノフ

> 別の邦題:シャドウ・リベンジ

■シャドウワールド AMONG THE SHADOWS (2019/---)  

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6214-c79c6037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)