FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド (2019) ★
1969年8月9日夜、ハリウッドのロマン・ポランスキー邸にカルト指導者チャールズ・マンソンの信者たちが侵入、妊娠中の妻で女優のシャロン・テートと友人たちが惨殺された。
 そのころのハリウッドが舞台だけどタランティーノなので実録映画ではなく、フィクション。
 スティーヴ・マックィーンやブルース・リーも出てくる。


□ 1969年2月。リック・ダルトンはかってTVの西部劇シリーズで大人気だった。常にリックのスタントマンを演じているクリフ・ブースは今でもリックのスタントマン、運転手、雑用係、相棒で友人だ。
 リックの豪邸のとなりにはロマン・ポランスキー/シャロン・テート夫妻が住んでいる。
 リックは自分が落ち目だと感じている。最近2年ほどはゲストや人気上昇中の俳優を盛り立てる悪役ばかり。ひさしぶりに主役を演じられるいい話かと思いきやなんとイタリア製のまがい物西部劇だった。
 リックの仕事以外ないクリフにスタントマンの役が来る。ところがTVのカトー役(注1)で人気のカンフーの達人のアジア人をあっさり車にたたきつけてクビになる。
 ポランスキー邸にヒッピー風の男がテリーという男を訪ねてくる。テリーは以前の住人だった。(注2)
 リックのキャデラックを運転していたクリフはヒッピーの少女を乗せてやった。彼女が住んでいるのはかって映画撮影にも使われたスパーン映画牧場でヒッピーたちの住みかになっていた。

 半年後、イタリアで映画4本に主演してそこそこ稼いだリックとクリフが帰国する。とはいえ豪邸を維持するのはもう無理。クリフを雇う余裕もない。帰国したらふたりで酔いつぶれて別れるつもりだった。
 ポランスキー邸では妊娠したシャロン・テートが友人たちを招いていた。
 夜になり不審な車が現れた。


(注1) TV「グリーン・ホーネット」。カトー役はブルース・リー
(注2) チャールズ・マンソンは以前の住人テリー・メルチャーを恨んでいた。

・ 監督: クエンティン・タランティーノ
・ 出演: 
   レオナルド・ディカプリオ     ... リック・ダルトン
   ブラッド・ピット           ... クリフ・ブース
   マーゴット・ロビー         ... シャロン・テート
   エミール・ハーシュ 、マーガレット・クアリー 、ティモシー・オリファント、ジュリア・バターズ(子役)
   オースティン・バトラー、 ダコタ・ファニング 、 ブルース・ダーン、   アル・パチーノ

■ ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD (2019/2019)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6208-f16a72b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)