FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ロケットマン (2019) ★★
エルトン・ジョンの音楽伝記映画。とても面白く楽しめた。エルトン・ジョンは1947年生まれの英国人。

エルトン・ジョンの名前は知っている。奇抜な姿で演奏している写真を見たこともある。音楽については知らない。映画に出てきた曲も多少聞き覚えのあるのは一曲だけだった。でも映画は楽しめた。

 子供の頃から初めて聴いたクラシックをその場でピアノ演奏するような神童だった。紹介された作詞家とは生涯の友人となった。ふたりが作った曲でいきなりアルバム3枚発売が決まり、米国デビューも決まり、ライブは大成功をおさめ世界的な大スターとなり25歳で億万長者になった。なんの苦労もせずに頂点に上り詰めたように見える。しかし常に空虚と孤独を感じていた。


□ レジー・ドワイトの両親は仲が悪かった。めったに現れない父親は子供に関心がなかった。父親はジャズが好きだったがレジーがレコードに触れると怒った。
 レジーは音楽が好きだった。音楽の先生はレジーに王立音楽院を勧めた。王立音楽院在籍中にロック(エルヴィス・プレスリー)を知った。
 アメリカのミュージシャンのバックバンドをしているとき、レジー・ドワイトは新しい自分となるためにエルトン・ジョン(注)と名乗ることにする。この時、エルトンは自分がホモだと知った。
 売り込みに行き作詞家のバーニーを紹介される。エルトンとバーニーは互いの才能にほれ込み生涯の友人となる。ただしバーニーはホモではなかった。
 エルトン作曲バーニー作詞の曲が完成するとアルバム3枚が決まり、米国の有名ライブハウス出演が決まる。
 ハリウッドのナイトクラブ トラバドール"Troubadour"には有名人も駆けつけた。つなぎの作業服みたいな姿で現れたエルトンの歌は観客の度肝を抜きたちまち大評判となる。(エルトン・ジョン23歳)
 各地で演奏しているうちにエルトンはジョン・リードと恋人同士となりリードは専任マネージャーとなる。
 エルトンは25歳の時には億万長者と言われるようになる。 
 エルトンの豪邸には常にたくさんの人たちが集まっていたがエルトンは孤独だった。
 バーニーはエルトンに田舎に引きこもろうと提案するがエルトンは拒否する。バーニーは去っていった。ジョン・リードが愛しているのはエルトンではなエルトンの産み出すく金だった。
 ・・・・・


(注) エルトンもジョンもバンド・メンバーの名前からとったという説もあるらしいが、映画ではビートルズの写真を見ながら「ジョン」と言っている。

・ 監督: デクスター・フレッチャー
・ 出演: 
   タロン・エガートン        ... エルトン・ジョン
   ジェイミー・ベル          ... バーニー・トーピン
   ブライス・ダラス・ハワード     ... シーラ・フェアブラザー
   リチャード・マッデン         ... ジョン・リード

■ロケットマン ROCKETMAN (2019/2019、英国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6206-da0a4056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)