FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ゼット・ブル(Z Bull)  (2018) ■
軍需産業会社で新開発の兵士用ドリンクを社員たちに飲ませたところ日ごろの不満を爆発させて狂暴化して殺しあいを始める。仕事柄倉庫には人殺しの道具がたくさんある。たまたま飲まなかった社員たちが自分たちの身を守るために狂暴化集団と殺しあう。DVDで見た。
かなりくだらない映画だけど割り切ってみればそれなりに楽しめる。


□ テキサスの武器製造会社アモテックはビルの上に行くほど地位が高く人格がおかしい。どうしようもない会社だけど4階で働く発注係のデズモンドは幼馴染のサマンサがいるので辞めないで就業時間中にゲームを作っている。
 アモテック社はアルトリア社との合併を控え社員の間には人員削減のうわさが流れている。デズモンドは上司のナスバウムから首になりたくなかったら早急にクレイトン報告書を提出するよう脅された。

 突然開かれた自己啓発セミナーでCEOフランクリン・ガントは新開発の兵士用ドリンク「ゾルト」を配った。デズモンドは報告書を自宅で書くためにセミナーを抜け出した。
 翌日、出社したデズモンドは早速ナスバウムに呼ばれる。ナスバウムのオフィスには上司のソロモンが死んでいた。
 ナスバウムがいきなりデズモンドを投げ飛ばし解雇(死)だと叫んで追いかけてきた。他の狂暴になった社員たちが追いかけてくる。オフィスのあちこちに血だらけの死体が転がっている。あちこちで社員同士が殺しあっている。ゾルトが日ごろの不満を増強させ狂暴化させた。
 サマンサは個室で周囲の騒ぎに気づかずに仕事をしていた。ゾルトを半分飲んだサマンサが襲ってきたのでデズモンドはサマンサを台車に縛り付けて運び出した。
 イスラム教徒のムラトはラマダン(断食)中だったのでゾルトを飲んでいない。
 デズモンド、ムラト、サマンサ(台車付き)は階段から階下に降りようとするが階段でも殺戮が行われている。エレベータには箱がない。
 デズモンドはガラスを割ろうとプリンタを窓に投げつけた。プリンタは跳ね返され、ビル全体が緊急防護壁で覆われ窓からの脱出は不可能となった。

 上層階のガントや取締役たちは下の階の騒ぎを知りながらスコッチを飲んでいた(注)。
 ガントは騒ぎが収まるまで放っておくつもりだったがナスバウム率いる狂暴化集団が重役室の外までやってくる。

 デズモンドとムラトはサマンサの解毒剤を作るのに必要な薬品を取りに武器倉庫に行く。武器倉庫にはナスバウム率いる狂暴化集団がいて武装していた。デズモンドたちは彼らと殺しあいながら薬品を探す。
 ・・・・・


(注)  室内でもカウボーイハットをかぶっているようなテキサス人だったら、スコッチじゃなくてバーボンを飲め。


・ 監督: リン・オーディング
・ 出演: ブレントン・スウェイツ、 ジェーン・レヴィ、 カラン・ソーニ
        カート・フラー、 イアン・ハーディング、 アラン・リッチソン、 グレッグ・ヘンリー、 ザカリー・リーヴァイ

■ゼット・ブル(Z Bull) OFFICE UPRISING (2018/2019)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6203-dca862f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)