FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ロケッティア (1991) ★
デイヴ・スティーヴンス(1955)が1980年代に発表したアメリカン・コミックの映画化。約30年前の映画。DVDで観た。
続編"The Rocketeers"が企画されているらしい(2019/08記)。

 第二次世界大戦直前のころ軽飛行機の操縦士クリフは身体につけて人が空を飛ぶロケットを見つけた。
 身体につけて人が空を飛ぶ装置は1960年ごろからいろいろ開発されているらしい。2018年には英国でジェットスーツが約5000万円で売り出されて話題になった。しかしものすごい騒音の上に非常に不格好でしかも短時間しか飛べずこんなものを買うのはよほど金の使い道に困っている超大金持ちだけだろうと思った。
 ピーヴィがクリフのためにつくったヘルメットには大きな羽がついている。羽は飾りではなく飛行方向を変えるための方向舵。

□ 1938 ロサンゼルス
 飛行士のクリフは仲間のピーヴィが開発した飛行機"Gee Bee"の試験飛行中にFBIから逃走中のギャングに地上から機関銃で撃たれ飛行機は全壊した。ギャングが盗んだヒューズ極秘開発中のロケットX-3は車の中からまるこげになって発見された。政府はX-3を新兵器として期待していた。しかしすでに開発で2人が犠牲となっていてヒューズは開発をあきらめた。

 飛行機を失い借金を背負ったクリフたちは格納庫の古い飛行機マーベルの中から奇妙な装置を見つける。人が飛べるように背負えるようになったロケットだった。クリフはこれを使って見世物にして金を稼ごうと考える。

 ヒューズから開発中のロケットを盗んだのはギャングのバレンタイン一味だったが、映画スターのシンクレアの注文によるものだった。クリフの恋人ジェニーは女優の卵。シンクレアの映画でセリフのある役を与えられて喜んでいる。映画に夢中のジェニーと飛行機に夢中のクリフの仲は最近すれ違い気味。撮影中のジェニーを訪ねたクリフは、ロケットの話をした。それをシンクレアが聞いていた。クリフの事を聞き出したいシンクレアはジェニーを食事に誘った。

 飛行機ショーでクリフの仲間のマルカムが古い飛行機マーベルで飛び立つが故障で操縦不能となる。クリフはピーヴィが作ったフルフェイスのヘルメットをかぶりロケットをつけてマルカムを救出し飛び去った。
 飛行機ショーを取材していた記者たちはとつぜん現れた「空飛ぶ男」に大興奮。質問攻めにあった飛行機ショーの主催者は出まかせで空飛ぶ男は「ロケッティア」だと答えた。「空飛ぶ男 ロケッティア」が大々的に新聞で報道された。

 クリフとピーヴィの家を襲ったシンクレアの手下とFBIの間で銃撃戦が起きるが、クリフとピーヴィは脱出する。クリフたちはロケットをFBIに返してしまいたいがその前にジェニーを保護したい。
 ジェニーはシンクレアに誘拐され監禁された。シンクレアはナチスのスパイだった。ナチスは空飛ぶ兵士の軍隊を作ろうとしている。
 クリフはジェニーを助けたかったらロケットを渡せという電話を受ける。しかしクリフはFBIに捕らえられてしまう。ピーヴィはヒューズにロケットを入手した経緯や改良について話し合っていてロケットも返すつもりだ。クリフはロケットを返す前にジェニーを助け出したかった。

 逃げ出したクリフは指定されたグリフィス天文台に向かう。
 天文台にはジェニーと共に、シンクレアやバレンタイン一味がいた。クリフはシンクレアがナチスのスパイだとバレンタインに言った。バレンタイン一味は悪党だが米国人。ナチスに協力する気はない。FBIとバレンタインはともに、ナチスの兵士たちと戦う。
 ジェニーはシンクレアにナチスの飛行船に連れ込まれた。ロケッティアが後を追い飛行船に乗り込んだ。

 シンクレアはロケットをつけて飛び立った。シンクレアは HOLLYWOODLANDの大看板に墜落してLANDを壊した。それ以来看板は HOLLYWOOD となった。
 水素を充填した飛行船が爆発。クリフとジェニーは、ヒューズとピーヴィの飛行機に救われた。

 銀幕のスター シンクレアの不慮の死はファンに衝撃を与えた。
 ヒューズはクリフに新しい飛行機"Gee Bee"をプレゼントした。
 ジェニーは、シンクレアの手下が盗んだピーヴィが描いたロケットの図面をピーヴィに渡した。


・ 監督: ジョー・ジョンストン
・ 原作: ディヴ・スティーヴンス
・ 出演: 
   ビル・キャンベル      ,,, クリフ・シーコード
   アラン・アーキン      ,,, ピーヴィ"PeaBody"、開発者
   ジェニファー・コネリー   ,,, ジェニー
   ポール・ソルヴィノ     ,,, エディ・ヴァレンタイン、ギャング
   テリー・オクィン       ,,, ハワード・ヒューズ
   ティモシー・ダルトン    ,,, ネヴィル・シンクレア、映画スター
   エド・ローター        ,,, フィッチ、FBI
   ジェームズ・ハンディ    ,,, ウーリー、FBI

◆ロケッティア THE ROCKETEER (1991/1991)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6199-b1afb358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)