FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
裏切りの荒野 (1968)
19世紀フランスの作家プロスペル・メリメの中編小説『カルメン』を原作とする50年前のイタリア映画。DVDで観た。
 19世紀セビリア(スペイン)で工場警備をしていた兵士ホセがジプシーの女カルメンに夢中になり振り回されて身を持ち崩していく。ホセとカルメンの出身地ナボラは、広域的にはフランスからスペインにまたがるバスク地方の一部。
 フランコ・ネロやクラウス・キンスキーが出演していてイタリア映画だが、舞台はスペインでマカロニ・ウエスタンではない。


□ セビリアで工場警備をしているホセ曹長は仕事を求めてやってきたロマの若い女カルメンに頼まれて工場に入れてやる。ところがカルメンは他の女工と喧嘩してナイフで相手を傷つける。ホセはカルメンを警察に連行中に逃げられてしまう。
 兵卒に降格させられたホセは将校の屋敷で踊っているカルメンを見つける。ホセはカルメンと寝る。ホセはカルメンに言いくるめられて悪事を手伝ってしまう。
 カルメンを尾行したホセが部屋に押し入ると上着を脱いだ中尉がいた。中尉と争ったホセははずみで中尉を殺してしまう。追われる身になったホセはカルメンの悪人仲間に加わる。
 ホセは英国外交官の馬車から金塊を盗む計画を立てる。脱獄したカルメンの夫ガルシアが仲間に加わる。ホセの計画では馬泥棒に見せかけてその場では金塊が盗まれたことは気がつかれないはずだった。しかしガルシアが外交官を射殺したため計画は崩れた。ガルシアはカルメンのいない隙にホセを殺そうとして逆に殺される。
 ホセは仲間でただひとり残った病気のダンカイロを助ける。
 知人の闘牛士のルーカスと出会ったカルメンは食料を持って戻ってきた。亭主のガルシアの死は気にしなかった。カルメンはルーカスに頼んで闘牛士たちが南米に行く船に乗せてもらおうとホセたちを誘う。しかしカルメンは約束の場所に現れなかった。ホセは金塊をすべて船に乗るダンカイロに譲りカルメンに会いに行く。
 ホセは闘牛場で恋人のルーカスに声援を送っているカルメンを見つけた。誰も愛していないというカルメンをホセは殺してしまう。
 ホセは警官隊に追われ海岸で射殺された。


・ 監督: ルイジ・バッツォーニ
・ 原作: プロスペル・メリメ
・ 出演: フランコ・ネロ、 ティナ・オーモン、 クラウス・キンスキー

◆裏切りの荒野 L'UOMO, L'ORGOGLIO, LA VENDETTA (1968/1968、イタリア/フランス、イタリア語)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6195-4e3d17d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)