FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
フォー・ハンズ (2017) ★
 幼い姉妹の目の前で殺人が起きた。姉は妹に「自分があなたを守る」と約束した。20年後、犯人たちが釈放される。姉は妹を守ろうとするが事故で死んでしまう。姉は犯人たちを探し続ける。ホラーではなくスリラー。DVDで観た。

 ソフィーが自分の間違いに気がついた時、私も自分の思い込みに気がついた。
 映像をじっくり見ていたら映画のトリックに気がついたのかもしれない。


□ ジェシカとソフィーが幼い頃、ふたりの目の前で両親が殺された。ジェシカはソフィーに「私があなたを守る」と約束した。それからずっとジェシカはソフィーを守ることに執着し続けた。

 20年後。両親を殺した犯人2人が釈放されジェシカはソフィーにとって大切なピアノの試験会場から無理やりソフィーを引きずりだした。うんざりしたソフィーとジェシカは駐車場で争い二人とも車にはねられた。ジェシカは死んだ。
 病院で知り合ったマーティンとデートしていたソフィーは車中キスの最中にいきなりマーティンを蹴って去った。
 銀行に行くと口座残高がゼロになっている。バッグに現金が入っている。
 マーティンから電話があって会う。ソフィーはマーティンを蹴ったことを覚えていない。

 ソフィーは警察署で気がついた。呼吸困難で倒れたらしい。ソフィーは喘息持ちだが精神科の受診を勧められる。 スマホのルート記録にあった「聖マルティネス幼稚園」を訪ねると女性に近づくなと言われた。もう一カ所には母子がいた。スキンヘッドの大男が怖い顔で近づいてきたので逃げた。
 自宅の録音機に「ソフィー、犯人の職場がわかった、もうひとりもつきとめる。あなたを守って見せる。」と録音されていた。
 ソフィーはネットで「解離性同一性障害」について調べた。
 ソフィーはマーティンと会う。席を外して戻ってきたのはジェシカだった

 ソフィーが気がつくと夜間に車を運転していた。トランクの中に女性が閉じ込められていた。女は犯人の一人だった。

 マーティンはソフィーを病院に連れて行く。マーティンの一言でソフィーは自分の間違いに気がついた。
 ・・・・・


・ 監督: オリヴァー・キーンネル
・ 出演: 
      フリーダ=ロヴィーサ・ハーマン   ... ソフィー
      フリーデリーケ・ベヒト         ... ジェシカ
      クリストフ・レトコフスキ         ... マーティン

■フォー・ハンズ Die Vierhändige (2017/2019、ドイツ) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6186-6a1d4feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)