FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
リラの門 (1957) ★
約60年前のフランスのコメディ。4Kデジタルリマスター版を映画館で観た。
パリの下町リラの門近くの裕福ではなくて始終けんかしているけれど仲のいい人たちややんちゃな子供たち。酔っぱらいとギター弾きがなぜか警察に追われている人殺しをかくまう。おまけに若い娘が人殺しに恋してしまう。

「リラの門"PORTE DES LILAS"」というのはかってパリを囲んでいた壁にあった門のひとつらしく現在も地名として残っている。


□ 年中酒浸りのジュジュはバーに入り浸って店主の目をかすめて酒を盗み飲んでいる。ジュジュはバーにいないときはみんなから芸術家と呼ばれているギター弾きの家にいる。芸術家も金はないけれどわずかな酒をジュジュに注いでくれる。そんな芸術家の夢は昔食べたことのあるフォアグラを食べること。
 人を殺したピエロ・バルビエが銃を持ったまま逃走、そこら中警官だらけとなった。騒ぎの中でたまたま入った店でフォアグラの缶詰が山積みになっているのを見つけたジュジュはこれ幸いと盗んで芸術家の家に持ち帰った。ところが警察が家宅捜索を始めたのであわてて隠したりしているうちにバルビエが芸術家の家に入り込んでいた。ジュジュと芸術家は病気のバルビエをかくまうことになる。
 ところがジュジュが心を寄せているバーの娘マリアがバルビエの存在に気づき、恋してしまう。
 ジュジュはマリアの幸せを願うけれど・・・・・・



・ 監督: ルネ・クレール
・ 原作: ルネ・ファレ
・ 音楽: ジョルジュ・ブラッサンス
・ 出演: 
   ピエール・ブラッスール   ... ジュジュ
   ジョルジュ・ブラッサンス   ... 芸術家
   アンリ・ヴィダル        ... ピエロ・バルビエ
   ダニー・カレル         ... マリア
・  モノクロ/スタンダード

> 警官もピエロも持っている銃はストックをつけたモーゼルC96のように見える。


◆リラの門 PORTE DES LILAS (1957/1957、フランス)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6176-d137cff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)