FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46 (2019) ★
2017年末から2019年春までの乃木坂46を追ったドキュメンタリー。

 この時期に卒業した西野七瀬の他、齋藤飛鳥、与田祐希、生田絵梨花などの比重が大きい。彼女たちは冠番組以外でもクローズアップされる頻度の多いメンバーなのであまり意外性はなかった。たとえば与田祐希のごんぞうは「深イイ話」で見たし、齋藤飛鳥は情熱大陸で、「レ・ミゼラレル」などの舞台で活躍する生田絵梨花も「深イイ話」で紹介されていた。

- 上海公演で白石の代役をじゃんけんで決めて与田祐希になった。
- 齋藤飛鳥が地元の成人式に隠密で参加した。

・ 監督: 岩下力

> この種の映画でおもしろいと思ったのは「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48 (2015)」で冠番組にさえあまり出してもらえないけれど実はがんばっているメンバーをクローズアップしていて映画としてはおもしろかった。

■いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46 (2019、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6151-551a98fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)