FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
プライベート・ライアン (1998)
戦地にいる兄弟4人のうち3人がほぼ同時に戦死する。軍としてはそのようなことが起きないようにバラバラの部隊に配属していたが最悪の偶然が重なってしまった。ノルマンディーのオマハビーチに上陸し戦っていた大尉が最後の1人を無事連れ帰るように命令される。
 映画の大筋としては以上なのだが、ノルマンディーに上陸してからまだそれほど日にちはたっていないのに途中で会う兵士たちがそれぞれ戦場でのエピソードを話す。あるグライダーは士官を守るために機内に勝手に鉄板が貼られたため機体が重くなり思うように操縦できず墜落し22人の兵士が戦う前に死んでしまった。
 映画の舞台となる地域はそれほど広くなくノルマンディー地方の半島内。上陸地点のオマハビーチはドーヴァー海峡に突き出した半島の付け根にある。半島の先端付近に港町シェルブールがある。連合軍は後続の部隊や補給物資の陸揚げに港を確保したい。それを阻止するためドイツ軍戦車隊がシェルブールに向かう。途中の橋が攻防の舞台となる。約10日間の物語。
 スピルバーグ監督の約20年前の映画。DVDで観た。


□ 兄弟4人が全員出兵しているライアン家の兄3人が戦死した。2人はノルマンディー上陸作戦の2つの海岸で、1人は少し前にニューギニアで戦死。3通の悲報が同時にひとりで暮らす母親に届く。101空挺師団に所属する末子ジェームズ・ライアン二等兵は前の週にノルマンディーにパラシュート降下した。消息は不明。
 報告を受けた参謀総長マーシャル将軍はライアン二等兵(タイトル)を探し出し無事連れ帰るように命令する。

 オマハビーチで中隊を指揮していたジョン・ミラー大尉はドイツ軍支配地域のどこかにいるライアン二等兵を探し出し無事連れ帰るように命令される。ミラー大尉は7人の兵士を連れて出発する。しかしライアンの部隊は半島中にばらまかれたためどこにいるかわからない。やっとのことでライアンはメルドレ川沿いのラメル付近の橋に向かった隊に加わったことがわかる。

 ミラーたちは戦いながらラメルに向かう。ついにライアン二等兵を見つけた。
 兄たちの死を知らされたライアンはショックを受ける。しかしライアンは帰国を拒否する。
 ライアンは指揮官が戦死し伍長が率いている小さな部隊で破壊された町の橋を守っていた。せめて救援部隊が来るまでは仲間と戦うと主張した。ライアンを説得できないミラーたちは一緒に戦うことにする。

 戦車2台、自走砲2台、歩兵50人のドイツ軍が町に突入してくる。
 まともな重火器もないミラーたちは火炎瓶まで使って橋を守った。
 ミラーはライアンに「しっかり生きろ」と言い残した。



・ 監督: スティーヴン・スピルバーグ
・ 出演: 
   トム・ハンクス         ... ジョン・H・ミラー大尉
       エドワード・バーンズ、トム・サイズモア、ジェレミー・デイヴィス、アダム・ゴールドバーグ、
       バリー・ペッパー、ジョヴァンニ・リビシ、デニス・ファリナ、テッド・ダンソン
   ヴィン・ディーゼル      ... エイドリアン・カパーゾ二等兵
   マット・デイモン        ... ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵

◆プライベート・ライアン SAVING PRIVATE RYAN (1998/1998)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6147-55eb142b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)