FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
フランケンシュタイン (1994)
英国の小説家メアリー・シェリーが1818年に出版した"Frankenstein: or The Modern Prometheus"の映画化。
ケネス・ブラナー監督・主演。ロバート・デ・ニーロがクリーチャーを演じている約20年前の映画。
 フランケンシュタインは過去数多く映像化されているが原作からかけ離れているものが多い中、本作はある程度原作に沿っている。DVDで観た。
 フランケンシュタインが作ったものは怪物"monster"と表現されることもあるが本作の場合一貫してクリーチャー"creature"(生物)となっている。


□ 19世紀の夜明けを目前にして政治、社会、それに科学は大きな変革を迎えている。
 1794年、北極海。探検家ロバート・ウォルトンは北極点を目指していた。
 船が氷のために立ち往生していると、男が歩いて船にやってきた。遠くで吠え声が聞こえ、犬たちが駆けていくが悲鳴が聞こえた。
 男はヴィクター・フランケンシュタインと名乗りウォルトンに身の上話を始めた。

 ヴィクターはジュネーブで生まれ育った。幼い頃両親は孤児のエリザベスを引き取った。成長したヴィクターとエリザベスは愛し合うようになる。
 ヴィクターの母親が弟ウィリアムを出産して亡くなった。ヴィクターの父親は名医だが、妻を救えなかった。
 ヴィクターは「死」の研究に取りつかれる。ヴィクターは電気を使えば「死」を克服できるのではないかと考えた。

 1793年 インゴルシュタット大学(バイエルン)で学ぶヴィクターは学生のヘンリー・クラヴァルと友人となる。
 ヴィクターはウォルドマン教授と知り合う。ウォルドマンはかって死体を蘇らせる研究をしていたが失敗した。現在は大学に隠れて生命維持の研究をしている。
 しかしウォルドマン教授は疱瘡(天然痘)ワクチンの接種を拒む男に刺されて死んでしまった。犯人は絞首刑にされた。
 ヴィクターは 首吊り男の死体を盗みウォルドマンの死体を蘇らせる研究をつづけた。
 ヴィクターはいくつもの死体もつなぎ合わせてついに成功する。しかし生命を得たクリーチャーは恐ろしい外見をしていた。ヴィクターはクリーチャーを殺そうとし、クリーチャーは逃げた。

 ヴィクターはエリザベスと結婚するためヘンリーとジュネーブに戻る。
 ヴィクターの幼い弟ウィリアムの死体が見つかる。
 使用人のジャスティンが犯人として首を吊られた。ヴィクターとエリザベスが止めようとするが間に合わなかった。

 ヴィクターの目の前にクリーチャーが現れた。クリーチャーは話すことも読むこともできる。研究室から逃げる時に着たヴィクターのコートに入っていたノートを読んだクリーチャーはヴィクターが自分にしたことを知り復讐を誓った。
 クリーチャーはヴィクターに、女性のクリーチャーを創れと命じた。
 クリーチャーが用意した死体はジャスティンだった。ヴィクターは拒否した。

 ヴィクターとエリザベスは結婚する。ヴィクターとエリザベスは護衛を伴って屋敷を出発した。湖畔の宿でエリザベスが殺される。
 屋敷に戻ると父親が死んでいた。
 ヴィクターはエリザベスを蘇らせた。エリザベスは自身に火をかけ、屋敷も燃えた。
 ヴィクターは北へ北へとクリーチャーを追い続けた。

 話し終えるとヴィクターは死んだ。
 船員たちの前に、クリーチャーが現れた。
 クリーチャーはヴィクターは自分の父親だが名前さえ与えてくれなかったと泣いた。
 ・・・・・



・ 監督: ケネス・ブラナー
・ 原作: メアリー・シェリー
・ 出演: 
   ロバート・デ・ニーロ     ... クリーチャー
   ケネス・ブラナー       ... ヴィクター・フランケンシュタイン

   トム・ハルス          ... ヘンリー
   ヘレナ・ボナム・カーター  ... エリザベス
   エイダン・クイン        ... ロバート・ウォルトン
   イアン・ホルム         ... ヴィクターの父
   リチャード・ブライアーズ   ... 祖母
   ジョン・クリーズ         ... ウォルドマン教授


===================> フランケンシュタインの著者・小説・映像化

◆フランケンシュタイン MARY SHELLEY'S FRANKENSTEIN (1994/1995)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6126-03bc7f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)