FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
アラジン (2019) (字幕)   ★
イスラム世界の物語集『アラビアン・ナイト』の「アラジンと魔法のランプ」を基にした映画は実写やアニメで過去何度も映像化されてきた。今回、公開されたのはディズニー版アニメ「アラジン(1992)」の実写映画化。

絢爛豪華な絵巻物語。ディズニーアニメは観ていないので関連性はわからない。
ジャスミン王女の歌がとても良かった。


□ アラジンはアグラバーの町のこそ泥。両親はおらず猿のアブーと暮らしている。市場でお金を持っていないのにパン屋のパンをかってにお腹をすかせた子供に与えた王宮の侍女と出会う。
 アグラバーの国王は老齢で王妃はすでにいない。国王はジャスミン王女を他国の王子と結婚させて、王位を譲りたいと考えている。しかしジャスミンはどの王子も気に入らない。ジャスミン自身は自ら王位についてジャファー大臣の圧政から人々を救いたいと思っている。しかしアグラバーには女性が王位についた前例がない。当のジャファー大臣は汚い手を使ってでも王位につきたいと考えている。

 アラジンは、アブーが盗んだ侍女の腕飾りを返すために王宮に忍び込み、ジャファー大臣にとらえられる。アラジンが侍女だと思っていたのはジャスミン王女だった。
 ジャファー大臣はアラジンを砂漠の洞窟の前に連れていった。ジャファーはアラジンに中にあるランプを持ってくれば大金を与えようと約束する。ただし決してランプ以外の宝石などに触れてはならない。実はその洞窟は心が美しいものだけが入り出てこられる洞窟だった。
 洞窟の中に入ったアラジンはマジック・カーペットを助け、ランプを手にした。ところがアブーがついつい宝石に触れたため洞窟から出られなくなる。
 アラジンが汚れたランプを拭いたところ青くて大きい魔人ジーニーが現れる。ジーニーは3つの願いをかなえてくれるという。
 外に出たアラジンは、王女と会うために自分を王子に変えるよう願った。

 アグラバーの町にアリ王子の豪華な行列が入ってくる。
 ジャスミン王女は、アリ王子がなんとなく気になるが、アラジンだとは気づかない。
 ジャファー大臣はアリ王子=アラジンだと気づいた。
 ・・・・・




・ 監督: ガイ・リッチー
・ 出演: 
   メナ・マスード      ... アラジン
   ナオミ・スコット     ... ジャスミン
   ウィル・スミス      ... ジーニー
   マーワン・ケンザリ   ... ジャファー
   ナヴィド・ネガーバン   ... サルタン
   ナシム・ペドラド      ... ダリア

【関連映画】 本ブログ内のアラジン:  「アラジンと魔神のランプ (2012)」「アラジン 新たなる冒険 (2015)」

■アラジン ALADDIN (2019/2019) (字幕)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6113-7025f3ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)