FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
エンド・オブ・アース 地球最期の日 (2018) ▼
予告編を見てあまりのひどさに話のネタにDVDで見た。
ネタにもならなかった。
次々に起きる災害の中を家族4人が逃げ回る。
昔ならともかく、現在の映画としては貧弱なCGとありきたりなストーリー。以前に見た気がして確認したが見たことはなかった。


□ 北カリフォルニアで突然地震が起き火山が噴火し地面が陥没し溶岩が流れた。
 かってないほと巨大な太陽フレアが発生し、科学者のメレディス・フィッシャーは大規模な災害が数日内に起きる可能性が高いと推測した。メレディスは夫サリバンと2人の子供と万一の場合の落ちあい場所を決めた。メレディスは市長に会いに行くが外出中で会えなかった。巨大地震が発生する。釣りをしていた市長は巨大津波に飲み込まれた。無線も通じなくなる。
 メレディスは息子カービーと、サリバンは娘サラと合流しそれぞれ避難場所を目指す。
 軍にアドバイスしたメレディスたちはサリバンたちの救出に向かう。
 ・・・・・



・ 監督: マクシミリアン・エルフェルト
・ 出演: J.ジェイ・キャッスルズ、ジョセフ・ハリス、エヴァン・ジェームズ・ヘンダーソン、ジャクリーン・シスロフスキ、サリュー・セセイ

■エンド・オブ・アース 地球最期の日 End of the World (2018/---) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6110-dc178faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)