FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ (2019) ★★
GODZILLA(2014)」の続編。東宝の怪獣 ゴジラ、ギドラ、モスラ、ラドン総出演で戦う。
人間ドラマもあるけれど中心は怪獣たち。ゴジラ、モスラのテーマ曲が使われている。
映画の最後に中島春雄氏への謝辞が写真入りで映る。日本版ゴジラで着ぐるみを着続けた方で2017年8月に亡くなった。

本作の続編として2020年公開の「ゴジラVSコング(原題)(2020)」がある。この映画は「キングコング:髑髏島の巨神 (2017)」の続編でもある。今回も大活躍だったマディソンがさらに活躍するようだ。


□ 2014年のサンフランシスコのゴジラ騒動で息子を失ったマーク・ラッセルは離婚しひとり自然の中で暮らしている。
 モナークの調査により17体のタイタン(巨大生物)が見つかり世界各地のモナーク基地で監視している。
 中国のモナーク基地にはエマ・ラッセル博士と娘マディソンがいてコード名「モスラ」の卵を管理している。エマは元夫のマークが試作機を廃棄したタイタンと交信できる装置「オルカ」を再開発していた。モスラの卵がかえり幼虫が生まれまゆを作った。

 コロラドにいたマークをモナークが訪れ、中国基地が襲われエマとマディソンが拉致されたと伝えた。
 マークはバミューダのモナーク基地キャッスル・ブラボーに連れていかれる。目の前にゴジラが現れ姿を消した。信号を追跡すると南に向かっている。
 モナークの南極基地では氷漬けになっているモンスター0を管理していた。
 中国基地を襲った自然秩序の回復を主張するアラン・ジェナ率いる武装集団が南極基地を襲いモンスター0を目覚めさせる。エマも協力している。エマは人類を絶滅させないためにタイタンたちをよみがえらせていったん自然に戻すべきだと考えていた。
 メキシコでラドンが姿を現す。
 中国のモスラは成虫となった。

 モンスター0は古代神話で星から生まれた竜「ギドラ」として描かれていた。ギドラとゴジラが対決する。軍は究極のミサイル オキシジェン・ジェネレータで一度に双方を殺そうとする。しかし死んだのはゴジラだけでギドラは無傷だった。世界中でタイタンが目覚め暴れ始める。彼らの王となったギドラがタイタンたちを暴れさせている。
 人間の軍事力ではまったく刃が立たない。ギドラに立ち向かえるのは死んだゴジラだけ。芹沢博士は自分の命を賭けて海中のゴジラをよみがえらそうとする。
 母のエマのやり方に賛成できないマディソンはオルカを抱えて逃げ出した。
 世界各地のタイタンがおとなしくなる。ボストンのフェンウェイ・パークでオルカが使われている。
 ゴジラとギドラがボストンで対決する。
 ・・・・・


・ 監督: マイケル・ドハティ
・ 出演: 
   カイル・チャンドラー     ... マーク
   ヴェラ・ファーミガ       ... エマ
   ミリー・ボビー・ブラウン   ... マディソン
     渡辺謙、 チャン・ツィイー、 ブラッドリー・ウィットフォード、 サリー・ホーキンス、 チャールズ・ダンス、 トーマス・ミドルディッチ、 アイシャ・ハインズ、 オシェア・ジャクソン・Jr.< デヴィッド・ストラザーン
     ゴジラ、ギドラ、モスラ、ラドン   ... self

■ゴジラ キング・オブ・モンスターズ GODZILLA: KING OF THE MONSTERS (2019/2019) (字幕)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6102-b19748b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)