FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ヘレディタリー 継承 (2018) ★
長い闘病の末、78歳のエレン・リーが死去した。すでになくなっている夫と息子も悲惨な死を遂げた。残された娘アニーとその家族はエレンから"何か"を継承した。
 アニーの13歳の娘チャーリーが悲惨な事故で死んでしまう。アニーは降霊術でチャーリーを呼び出そうとする。遥かに邪悪なものが召喚された。
 一家が住んでいるのは木立に囲まれたかなり大きな木造住宅。庭にはかなりしっかりしたツリーハウスがある。裕福な家庭らしくエレン・リーが資産家だったようだ。
 ホラー/オカルト。  DVDで観た。


□ 2018年4月3日 エレン・リー(78)は娘アニーの家で死去した。エレンの夫と息子はすでに故人。アニーの夫はスティーブ・グラハム。高校生の息子ピーターと13歳の娘チャーリーがいる。新聞に死亡記事が載る。告別式にはアニーの知らない人たちも参列した。

 アニーはエレンの私物のスピリチュアリズム(心霊主義)についての本にアニー宛のメモを見つけた。メモには「失うものを嘆かないで。犠牲は恩恵のためにある。」と書かれていた。
 ドールハウス作家のアニーは半年後に予定されている個展のための作品を製作中。
 スティーブは墓地から墓が荒らされたという連絡を受けた。エレンの棺桶がなくなっていた。

 テスト中におもちゃをいじっていたチャーリーを教師が注意した。小鳥が教室の窓ガラスに激突した。チャーリーは窓の外に落ちていた小鳥の首を切った。
 アニーはピーターが行くパーティにチャーリーを連れて行かせる。チャーリーが呼吸困難になりピーターはあわてて車に乗せて家に向かった。途中、路上にあった動物の死体をよけようとしてハンドルを切ったとき、呼吸しようと窓から突き出していたチャーリーの頭が電話回線の柱にぶつかって頭が飛ばされた。

 数か月前に息子と孫ルイを同時に失ったというジョーンと知り合ったアニーは、チャーリーの死について話を聞いてもらった。霊能者にやり方を教わったというジョーンは、アニーの前で孫ルイの霊を呼び出して見せた。
 自宅に帰ったアニーは、スティーブとピーターに参加させてチャーリーのお絵描きノートを使いチャーリーを呼び出そうとする。

 アニーは母親の私物に「召喚の本」を見つける。ペイモン召喚の頁に印がつけられ「男の肉体が必要」に下線が引かれていた。何枚ものジョーンの写真も見つかる。ジョーンはアニーと知っていて近づき降霊術をさせたのだ。
 アニーは屋根裏部屋に上り首のない真っ黒な死体を見つけた。
 ピーターは授業中に自分で顔面を机に叩きつけた。
 
 アニーはチャーリーのお絵描きノートを居間の暖炉で燃やそうとするが自分の袖に火が移る。
 アニーはスティーブに燃やしてもらおうとする。スティーブがしようとしないのでノートを奪って暖炉に放り込んだ。スティーブが燃え上がった。

 ピーターはベッドで目覚めた。ツリーハウスに灯りがついている。居間に黒こげの死体があった。
 アニーに追いかけられたピーターが屋根裏部屋に逃げ込むとたくさんのろうそくが点いていてピーターの写真が置かれていた。
 ピーターは屋根裏部屋の窓から庭に堕ちた。
 ピーターはツリーハウスに上っていった。・・・・・・・・ 


> ペイモン/パイモン/パイモニア : 悪魔の一体

・ 監督: アリ・アスター
・ 出演: 
   トニ・コレット         ... アニー・グラハム
   アレックス・ウォルフ     ... ピーター・グラハム、息子
   ミリー・シャピロ        ... チャーリー・グラハム、娘
   アン・ダウド          ... ジョーン
   ガブリエル・バーン      ... Dr.スティーブ・グラハム、夫

> 米国映画によく出てくるアルコール依存など同じ悩みを抱える人たちの集まりは日本語では通常「自助グループ」と言うらしい。この映画では愛する人を失った人たちが集まっている。

■ヘレディタリー 継承 HEREDITARY (2018/2018)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6069-b85e79c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)