FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
500ページの夢の束 (2017) ★
日常生活の決まりきった行動でさえひとつひとつ確認しないとできない自閉症のウェンディが、大好きなスタートレックの脚本コンテストに応募するため一大決心をして長距離バスに乗り原稿を届けようとする。しかし様々なトラブルがウェンディを襲う。困難を乗り越えたウェンディは大きく成長する。DVDで観た。

 原題の「待機せよ"PLEASE STAND BY"」はウェンディが発作を起こした時に介護士のスコッティが繰り返し呼びかける言葉。ウェンディが自身を落ち着かせる言葉でもある。


□ 自閉症のウェンディはオークランド(カリフォルニア州)の施設で生活している。ウェンディは日常生活でも介護士のスコッティが教えてくれることを声に出して確認しながらでないと行動できない。今ではシナボンの店でも働いている。
 パラマウントが賞金10万ドルのスタートレック50周年記念脚本コンテストを発表する。応募は完璧な正しい書式で印刷された脚本のみ。締め切りは2月16日。スタートレックの大ファンのウェンディは427頁の脚本"THE MANY AND THE FEW"を書き上げる。

 脚本投函予定の土曜日、ウェンディの姉オードリーが面会に来る。結婚しているオードリーは家を売ろうとしている。ウェンディは10万ドルが手に入れば家を売らずに済むし自分も家に戻れると言った。オードリーがウェンディは家には戻れないと説得しようとしてウェンディは発作を起こした。

 ウェンディは真夜中に目覚めた。締め切りは火曜日の午後5時。今日は日曜日だし月曜は祝日なので郵便は休み。締め切りに間に合わない。ウェンディはバスでロサンゼルスに行く決心をする。
 2月14日日曜日早朝。ウェンディは施設を抜け出した。施設で飼っている犬のピートがついてくる。ウェンディはやっとのことでロサンゼルス行のバスに乗り込む。ピートが車内でおしっこをしてしまいふたりとも何もない道端でバスを降ろされた。
 ひたすら歩いていたウェンディはiPodをひったくられてしまう。

 朝、ウェンディがいないことに気がついたスコッティはロサンゼルスに向かったと考えた。
 バス・ターミナルでウェンディがロサンゼルス行のバスに乗り途中で降ろされたことがわかる。スコッティは警察に捜索を依頼する。

 ウェンディは知らない町の店で袋入りのスニッカーズを買う。店員が高く金をとろうとするが客の夫人が気づいて助けてくれた。
 孫が自閉症の夫人はウェンディをケアホームのバスに乗せてくれる。夜間走行中のバスが事故を起こした。

 ウェンディは病院で意識を取り戻した。
 電話で病院をあたっていたスコッティはベーカーズフィールドの病院にスタートレックの制服を着た犬(ピート)がいることをつきとめ息子サムと病院に向かう。サムはスタートレックとスターウォーズを混同している母親にあきれる。

 ウェンディは看護士を振り払って病院を抜け出すが脚本の一部を落としてしまう。
 病院に到着したスコッティとサム、オードリーはウェンディを再び見失ったことを知る。

 完璧な正しい書式で印刷された脚本を失ったウェンディは赤い荒野を彷徨っていた。ウェンディは手書きで足りない部分の脚本を書き始めた。

 火曜日朝8時。お金のないウェンディはロサンゼルス行バスの荷物室に隠れた。
 ロサンゼルスの街を歩いていたウェンディをパトカーが見つける。ウェンディのリュックがスタートレックなのに気づいた警官はクリンゴン語でウェンディに話しかけた。
 警察署にスコッティたちが駆けつけた。彼らはウェンディが落とした原稿を持っていた。

 ウェンディはパラマウントに脚本を届けた。


> スタートレック:宇宙を舞台にしたSFシリーズ。1966年にTVシリーズとして初登場してから様々な形態で続いている。コアなファンはトレッキー(trekkie)と呼ばれる。本ブログ中の映画は「スター・トレック (2009)」「スター・トレック イントゥ・ダークネス (2013)」「スター・トレック BEYOND  (2016) 」
> シナボン: 米国のチェーン店の名前、および同社のシナモンロールの名称。
> 米国では2月の第3月曜日はワシントン誕生日"Washinton's Birthday"で祝日。
> クリンゴン語: クリンゴン人の言語。米ソ冷戦時代のスタートレックではクリンゴンは人類の敵だった。
> 長寿と繁栄を: バルカン人同士のあいさつ。同時に右手の中指と薬指の間を開いて手を上げるハンドサインを使う。


・ 監督: ベン・リューイン
・ 原作戯曲: マイケル・ゴラムコ
・ 出演: 
   ダコタ・ファニング    ... ウェンディ・ウェルコット、21歳
   トニ・コレット        ... スコッティ・カイル
   アリス・イヴ       ... オードリー、ウェンディの姉
          リヴァー・アレクサンダー、パットン・オズワルト、マーラ・ギブス、マイケル・スタール=デヴィッド、ブラスター(as ピート)

■500ページの夢の束 PLEASE STAND BY (2017/2018)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6068-16e5fa2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)