FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン4-3 (TV2018)
シーズン4全15話中 12~15話をDVDで観た。

 本シリーズの初めからの主要人物でありエズラの師でもあるケイナンが【4-10】で死去した。エズラは師の死を受け入れて成長しなくてはならない。
 ついに皇帝がパルパティーンやダース・シディアスの姿で現れる。声を演じているのは映画と同じイアン・マクディアミッド。
 イアン・マクディアミッドはエピソードⅠ~Ⅲ、Ⅵで、パルパティーン/皇帝を演じた。皇帝はエピソードⅥでルーク・スカイウォーカーの父アナキン(ダースベイダー)にデススター内部の奈落の穴に落とされた。デススターは直後に大爆発した。
 2019年末に公開される「スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)(2019)」に、イアン・マクディアミッドが出演している。
  【4-15】はシリーズ全体の最終章となる。ついにロザルが解放される。


【4-12】 Wolves and a Door (寺院の秘密)

 ロスウルフが残したのはロザルのジェダイ寺院の石だった。エズラたちはロスウルフに乗って寺院に行く。
 寺院の周囲では帝国が作業をしていた。指揮をしているハイダン大臣は皇帝直々の命令で、寺院の遺物の発掘をして寺院の秘密をつきとめようとしていた。
 発見された遺物として「モーティスの神々」の絵があった。
 エズラが絵を解読しようとしている間、サビーヌがおとりになって捕らえられる。
 エズラは絵のなぞを解き門を開いて中に入った。


【4-13】 A World Between Worlds (世界の狭間の世界)

 エズラが入り込んだのは見たこともない空間だった。「助けて オビ=ワン・ケノービ」など様々な声が聞こえてくる。
 歩き回っているうちにエズラはアソーカが連れていた鳥(モライ)を見つける。
 モライが導いた場所では、アソーカがダース・ベイダーと戦っていた。エズラはアソーカを救い出した、
 同様にケイナンを救おうとするが不可能だとわかる。
 皇帝が姿を現す。

 ハイダン大臣は絵の解読をサビーヌに手伝わせる。ヘラたちがサビーヌを救出した。
 エズラも門から出た。すぐに門を閉じなければならない。サビーヌが手伝った。
 寺院は崩壊した。


【4-14】 A Fool's Hope (無謀な策)

 エズラは皇帝がスローンをロザルに戻そうとしているビジョンを見た。エズラは有能なスローンが戻る前にロザルを解放しようと主張する。ライダーは軍隊もないのに無謀すぎると反対した。

 プライス総督にライダーから反乱者たちを引き渡すから自分は助けてくれと連絡が来る。
 帝国軍が反乱者たちの基地を急襲する。エズラ、サビーヌたちが捕らえられ、プライス総督が降り立った。ゴーストが現れ、再び戦闘になるが帝国軍の方が有利。エズラたちは洞窟に逃げ込み、ルクや帝国兵たちが追う。洞窟の奥からロスウルフが出現し大暴れする。プライス総督が捕らえられた。
 ライダーの裏切りはプライス総督を捕らえるための嘘だった。


【4-15】 Family Reunion - and Farewell (家族の再会 そして別れ)

 エズラたちはプライス総督を脅して協力させ、帝国軍ガンシップで首都のドーム(指令センター)に侵入する。プロトコル13(総員退去)を発令しロザルにいる全帝国兵をドームに集めてドームを発進させてロザルから追い出す計画。
 隠れていたルクがガンシップを奪いスローンに連絡する。スローンのスターデストロイヤーがドームの真上に現れたためドームを発進できなくなる。ルクがドームのシールド発生器を停止させ、スローンが降伏を要求した。
 エズラは降伏してスローンの船に行く。スローンはエズラを皇帝(ホログラム)に会わせた。
 マート・マティンはエズラからあらかじめ指令を受けていた。ゴーストで高軌道に上がったマークは周波数ゼロの信号を発信した。
 ハイパースペースからパーギルの群れが襲来し帝国軍が全滅した。エズラはパーギルの群れと共にハイパースペースに消えた。
 サビーヌたちはドームを発進させ海上で爆破した。プライス総督は自らの意志でドームに残った。

> パーギルは【2-14】に登場した。

その後 ......
 ロザルは帝国の攻撃に備えたが、結局攻撃はなかった。
 ヘラはレックスとゴーストで「エンドアの戦い(エピソードⅥ)」に参加した。
 ゴーストに新メンバーとして スペクター7:ジェイセン・シンドゥーラが加わった。


【ゴースト】
・ エズラ・ブリッジャー大尉: 人間
・ サビーヌ・レン:        マンダロリアン
・ チョッパー:          C1-10P
・ ケイナン・ジャラス:     人間、ジェダイ
・ ヘラ・シンドゥーラ将軍:   トワイレック、ゴーストチームのリーダー
・ ガラゼブ(ゼブ)・オレリオス:  ラサット
・ レックス:            クローン
・ アレクサンドル・カラス   (以前は帝国側のエージェント・カラス)

■スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン4-3 (TV2018)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6067-fd52d09d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)