FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
コンタクト (1997)
地球外知的生命体との初めてのコンタクト(接触)を描いた20年前の映画。DVDで観た。
 原作者のカール・セーガンは米国の天文学者、天体物理学者、大学教授、惑星探査の指導者。宇宙について一般の人たちにもわかりやすく解説した。
 神の存在については懐疑的で、この映画では異星人発見の最大の功績者エリーは信仰心の欠如を理由に異星人と最初にコンタクトする乗員選考に漏れる。しかしプロジェクトは神を盲信するテロリストによって破壊される。
 この映画が公開される前年に死去した。

> アレシボ天文台の巨大電波望遠鏡は2020年12月1日に老朽化により崩壊した。


□ エリー・アロウェイ博士はプエルトリコのアレシボ天文台でSETI(地球外知的生命体探索)をしている。しかし地球外文明に否定的な科学財団会長のドラムリン博士はSETIの予算をカットしてしまう。
 エリーは1年以上も出資者を探し回った挙句姿を見せない富豪ハデン氏の支援を得てニューメキシコのVLAでSETIを続けることができる。
 4年後、またもやドラムリンの横やりでVLAから追い出されそうになっている矢先、エリーのチームは通常とは違う信号を検出する。
 発信源は26光年先の琴座のヴェガ。信号は2,3,5,7~101までの素数。
 エリーは他の観測所にも検証してもらったうえで情報を公開した。

 地球外知的生命体の存在に国防省顧問のキッツやドラムリンまで乗り込んでくる。
 キッツはエリーが他国にまで情報を流したことを非難したがドラムリンはエリーを弁護した。
 エリーのチームは送られてきた信号の中に画像が含まれていることを発見した。画像は1936年のベルリン・オリンピック開催を宣言するヒトラーの映像で、世界初のテレビ放送の映像が送り返されてきたものだった。
 クリントン大統領が記者会見で世紀の発見を認めた。

 さらに膨大な量のデータが含まれていることがわかる。しかし2週間たってもなんのデータなのかわからない。
 エリーは突然呼び出され飛行機に乗せられる。ハデン氏はデータを解読していた。
 データは1人用の乗り物の設計図だった。国際的な協力によって乗り物が組み立てられる。
 乗員の選定が行われる。無神論者のエリーは選定されず、ドラムリンが選ばれた。
 出発の時、狂信的テロリストの自爆によって装置は破壊されドラムリンも死んだ。

 帰宅したエリーにロシアの宇宙ステーション ミールにいるハデンが連絡してくる。
 ハデンは北海道東部に第二の装置を持っていた。乗員は当然エリー。
 回転する装置の上から乗員が乗ったポッドが落とされる。回転装置の真ん中でポッドに何かが起きると思われた。

 エリーは海岸で父親と会った。エリーはそれが父親ではなくエリーを安心させるための異星人の姿だと悟った。
 異星人はこれはコンタクトの第一歩と話した。

 観測していた人たちから見ると、ポッドは回転装置を一瞬のうちにすり抜けて下に落ちただけだった。
 しかしエリーが携帯していたビデオ装置にはノイズだけだが18時間記録されていた。


> SETI(Search for extraterrestrial intelligence) = 地球外知的生命体探索
> VLA (Very Large Array) = 超大型干渉電波望遠鏡群。現在は名称の頭に「カール・G・ジャンスキー」がつけられている。
> クリントン大統領の映像は過去の記者会見の映像を利用

・ 監督: ロバート・ゼメキス
・ 原作: カール・セーガン
・ 出演: 
   ジョディ・フォスター     ... エリー・アロウェイ博士
   マシュー・マコノヒー     ... パーマー・ジョス
  
   ジェームズ・ウッズ      ... マイケル・キッツ、国防省顧問
   ジョン・ハート         ... ハデン
   トム・スケリット        ... デヴィッド・ドラムリン博士、科学財団会長
   ウィリアム・フィクトナー   ... ケント
   デヴィッド・モース      ... テッド・アロウェイ
   アンジェラ・バセット     ... レイチェル・コンスタンティン
   ジェナ・マローン(子役)   ... エリー(少女時代)

◆コンタクト CONTACT (1997/1997)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6063-0721b2f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)