FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ハロウィン (2018) ★
ジョン・カーペンターのオリジナル・シリーズ9作目。
 1963年、ハロウィンの夜。6歳のマイケル・マイヤーズが姉のジュディスを包丁でめった刺しにして殺した。マイケルは療養所に入れられルーミス医師が担当する。
 1978年のハロウィン、高校生のローリー・ストロードはマイケル・マイヤーズに襲われた。ローリーはマイケルの妹だった。「ハロウィン(1978)」 (1作目)
 20年後1998年のハロウィン、ローリーは再びマイケルに襲われた。「ハロウィンH20(1998)」(7作目)
 2002年、マイケルと戦い刺されたローリーはサナトリウムの屋上から落ちた。感電死したマイケルはモルグに運ばれた。「ハロウィンレザレクション(2002)」(8作目)
 そして、ローリーが初めてマイケルに襲われてから40年後、2018年ハロウィン。ローリーはマイケルを待ち構えている。
 日本では2019年春公開となったが、米国では2018年ハロウィンに公開された。


□ 40年前の事件を調べている2人の記者が、スミスグローヴ療養所から移送される直前のマイケル・マイヤーズへのインタビューを試みる。記者はマイケルのマスクを手に入れていてマイケルに見せようとするがマイケルはまったく反応しなかった。移送バスにマイケル担当のサルティン医師も乗り込む。サルティン医師はルーミス医師の弟子だった。

 2人の記者は、ハドンフィールドの森の中の鉄柵に囲まれた家にひとりで住むローリー・ストロードにインタビューするがやはり何も得られなかった。
 ローリーは2度離婚した。娘のカレンは8歳から母親に射撃や戦闘の訓練を受けたが12歳の時に保護されて母親と引き離された。結婚して娘アリソンのいるカレンは、いつかマイケルが襲ってくるという母親の話をまったく信じていない。母ローリーと会うと必ずマイケルの話を始めるので避けている。アリソンは祖母に同情的だがマイケルの話は信じていない。

 移送車が発見される。同乗していた警官は殺されていて、サルティン医師も怪我をしていた。マイケルは姿を消した。
 2人の記者の死体が発見される。遺体を調べたホーキンス保安官補は40年前の事件現場に実際にいてマイケルの怖さを知っていた。
 ハロウィンの夜でお菓子集めのたくさんの子供たちが歩き回っているハドンフィールドでマイケルを探していたホーキンス保安官補はアリソンの友達ヴィッキーとその恋人の死体を見つける。現場にローリーもかけつけた。
 カレンの家に母ローリーがやってきて自分の家に避難するように言った。ホーキンス保安官補も一緒だったので、カレンも危険を信じた。
 しかしアリソンはハロウィン・パーティに行っていて電話も通じない。とりあえずカレンと夫がローリーの家に行く。
 ローリーの家は様々な種類の銃があるのはもちろん、マイケルと戦い殺すための砦だった。

 恋人キャメロンの裏切りに怒ったアリソンは歩いて家に戻る途中マイケルと出くわした。
 アリソンは、サルティン医師が同乗するホーキンス保安官補の警察車に拾われた。
 目の前にマイケルが現れするホーキンス保安官補はアクセルを踏み込んだ。
 ・・・・・
 
 アリソンは祖母ローリーの家に逃げ込んだ。ローリーの家には地下に隠し部屋があった。
 マイケルが現れる。
 ・・・・・

 
・ 監督: デヴィッド・ゴードン・グリーン
・ 製作総指揮: ジョン・カーペンター、ジェイミー・リー・カーティス
・ 出演:
   ジェイミー・リー・カーティス   ... ローリー・ストロード
   ジュディ・グリア          ... カレン
   アンディ・マティチャック     ... アリソン
   ウィル・パットン          ... ホーキンス保安官補
   ハルク・ビルギナー        ... サルティン医師
   ヴァージニア・ガードナー    ... ヴィッキー、アリソンの友人

【映画の中の映画】 「俺たちに明日はない (1967) 」   ボニー&クライド。アリソンとキャメロンが仮装する。

■ハロウィン HALLOWEEN (2018/2019) 


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6045-32722f03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)