FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
バイス (2018) ★
電気工事の作業員から副大統領にまで登りつめたうえに大統領以上の権限を手に入れたディック・チェイニーの事実にかなり基づくと思われる伝記コメディ。
 米国の過去の大統領の名前はある程度は知っているけれど副大統領はまったくわからない。例外はケネディ大統領暗殺により昇格したジョンソン大統領、ウォーターゲート事件でニクソン大統領が辞任したため昇格したフォード大統領くらい。他にルーズベルト大統領の死去で昇格したトルーマン大統領がいる。
 副大統領はまさかの時に大統領となるための役職で普段は閑職。大統領に何かが起きなければ大衆の記憶にも残らない。ディック・チェイニーは大統領に権限を委譲させ、さらに法律の抜け穴を探させて権限を拡大させていった。

□ 1963年ワイオミング州キャスパー
 ディック・チェイニーは成績優秀な恋人リンのおかげでイェール大学に入学するが授業にも出ずに酒ばかり飲んでいて退学させられる。
 電気工事作業員になっても酒浸りのディックに妻のリンは最後通牒をつきつけた。
 一念発起したディックは政治学を学んだ。インターンシップとして共和党のラムズフェルド議員についた。無口でぼそぼそ話すチェイニーはラムズフェルドの忠実な僕となる。
 1974年、ウォーターゲート事件によりニクソン大統領が辞任、副大統領から昇格したフォード大統領の元で国防長官となったラムズフェルドはチェイニーを首席補佐官にした。
 大統領選で民主党のカーター大統領が勝利したためチェイニーは失職する。チェイニーは下院議員を目指す。心筋梗塞で安静が必要となったディックの代わりに妻のリンが選挙演説を行い高評価を得る。しかし次女のメアリーが同性愛を公表。同性婚に反対の共和党で立候補すれば必ず追及され娘も傷つくと考え立候補を断念する。
 政界を離れたチェイニーはその後石油関連の大企業ハリバートン社のCEOとなった。
(ここで エンドクレジット。  途中、電話が鳴る。)

 電話は大統領に立候補しているジョージ・ウォーカー・ブッシュからだった。父親は元大統領だが若いころは酒浸りのダメ人間と言われ政治経験の浅いブッシュは経験豊富なチェイニーに副大統領になってほしかった。しかし副大統領というのは大統領の突然死を待つ以外の役目はないつまらない役職でリンは反対する。調べてみると大統領は副大統領に権限を与えられることがわかる。チェイニーはブッシュに権限をゆずるという条件で副大統領を引き受ける。
 チェイニーは退職したハリバートン社から予想の倍の退職金をもらった。
 チェイニーは大統領に無能なスタッフをあてがい、自分のスタッフを固めた。長年の政治経験のコネを利用して情報ネットワークを構築する。
 チェイニーはイラクの油田に関する情報をハリバートン等の石油企業に流した。
 2001年9月11日にアメリカ同時多発テロが発生する。誰もがパニックになっている中で、チェイニーはチャンスが来たと思った。
 チェイニーはアルカイダとフセイン大統領を結びつける証拠を探させイラクに侵攻する口実を探す。
 ・・・・・


・ 監督: アダム・マッケイ
・ 脚本: アダム・マッケイ
・ 出演: 
   クリスチャン・ベイル    ... ディック・チェイニー
   エイミー・アダムス     ... リン・チェイニー
   スティーヴ・カレル     ... ドナルド・ラムズフェルド
   サム・ロックウェル     ... ジョージ・W・ブッシュ
   タイラー・ペリー      ... コリン・パウエル
   アリソン・ピル       ... メアリー・チェイニー
   ジェシー・プレモンス  

■バイス VICE (2018/2019) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6042-04ec910d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)