FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
フォルトゥナの瞳 (2019、日本) ★
ローマ神話の運命の女神フォルトゥナの瞳を持った者は死を目前にした人が透けて見える。
その人を危険から遠ざけるなどして運命に介入すると自身の命が削られる。
青年は自分の命と引き換えに、恋人を、あるいはたくさんの他人たちを救うのか。
SFというよりドラマ
公式サイトによれば『その選択に あなたは涙する』そうだ。私にはものたりなかった。

□ 小さな自動車修理工場で働く木山慎一郎は、20年前6歳の時に飛行機墜落事故で両親を失った。慎一郎には人が透けて見えることがある。その人はほどなく死ぬ。最近は頻繁に見えるようになっている。
 慎一郎は携帯電話ショップで応対してくれた桐生葵の手が透けていることに気がついた。慎一郎は葵をカフェに呼び出した。カフェにやってきた葵の手は透けていなかった。
 慎一郎が葵をカフェに呼び出したことで葵が事故に巻き込まれなかったことがわかる。
 慎一郎は激しい胸の痛みに襲われる。死ぬ運命の人を救うと自身の身体がむしばまれることがわかる。
 慎一郎と葵は付き合うようになる。やがて葵との結婚を考えるようになった。
 慎一郎は電車事故でたくさんの人たちが死ぬことを知る。その中には幼稚園児たちも含まれていた。さらに葵もその電車に乗る予定だった。
 ・・・・・


・ 監督: 三木孝浩
・ 原作: 百田尚樹
・ 出演: 神木隆之介(木山慎一郎)、有村架純(桐生葵)、斉藤由貴(遠藤美津子)、時任三郎(遠藤哲也)、
      志尊淳、北村有起哉、DAIGO、松井愛莉

■フォルトゥナの瞳 (2019、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5979-7216cf3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)