FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
女王陛下のお気に入り  (2018) ★
2019年2月24日(現地時間)に発表されるアカデミー賞(オスカー)で主演女優賞受賞の他、作品賞、、助演女優賞(2人)、監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、衣装デザイン賞、美術賞 にノミネートされたコメディ

 アン女王、サラ・ジェニングス、アビゲイルなどは実在した人物。
 映画でも触れられているようにアンは流産、死産、早世などで17人の子を失った。サラとはアンが王位とは無関係だった少女時代からの友人だった。


□ 18世紀初めアン女王が君臨するイングランドはフランスと戦争中(スペイン継承戦争)。女王側近のサラはアン女王とは少女時代からの友人でアンはサラを頼りにしていた。サラはイングランド軍総司令官モールバラ公爵の妻で戦争推進を女王に進言していた。女王は政治にはあまり関心がなくサラの言いなりだった。
 父親のばくちのせいで没落した貴族の娘でサラの従妹のアビゲイルがサラに助けを求め、宮殿の女中となる。

 アビゲイルが足の通風で苦しむ女王に無断で薬草を塗ったところ効果があり、サラはアビゲイルを侍女に昇格させた。
 アビゲイルはアンとサラの秘密の関係に気づいた。
 女王はサラを愛していたが要求ばかりしてくるサラに対して、なんの欲もなくかいがいしく世話をしてくれるアビゲイルを気に入るようになる。

 長引く戦争で国民は苦しんでいたが、議会では戦費のために増税しようとしている与党ホイッグ党に対して野党のトーリー党は和平を主張していた。
 女王は増税には乗り気ではなかったが、サラに強く言われると言われるままに従った。
 トーリー党党首のハーリーは直接女王を説得しようとするがサラが間に立ちふさがってまともに話もできない。ハーリーはアビゲイルに接近する。
 女王とアビゲイルの接近に気づいたサラはアビゲイルをクビにする。ところが女王はアビゲイルを寝室付き女官に取り立てた。
 ・・・・・


> アン女王在位中に、イングランドとスコットランドが統合されグレートブリテン王国となった。
> アン女王が死去すると後継者がいなかったためステュアート家の血を引く神聖ローマ帝国ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒが迎えられジョージ(1世)国王となった(ハノーヴァー朝)。サラの夫ジョン・チャーチル(モールバラ公)はスペイン継承戦争でジョージ国王と共に戦ったことがあり、新国王に召し抱えられた。

・ 監督: ヨルゴス・ランティモス     オスカー監督賞ノミネート
・ 撮影: ロビー・ライアン         オスカーノミネート
・ 編集: ヨルゴス・マヴロプサリディス オスカーノミネート
・ 出演: 
   アン女王               ... オリヴィア・コールマン   オスカー主演女優賞受賞
   アビゲイル・ヒル           ... エマ・ストーン        オスカー助演女優賞ノミネート
   サラ・チャーチル(モールバラ公夫人) ... レイチェル・ワイズ  オスカー助演女優賞ノミネート

   ロバート・ハーリー(トーリー党党首)   ... ニコラス・ホルト
   サミュエル・マシャム(アビゲイルと結婚) ... ジョー・アルウィン

> エマ・ストーンが胸を見せる。

■女王陛下のお気に入り THE FAVOURITE (2018/2019、アイルランド/英国/米国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5972-ea612b35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)