FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ファースト・マン (2018) ★★
1961年7月、月着陸に初めて成功したアポロ11号に搭乗し人類で最初に月に降り立ったニール・アームストロングを英雄としてではなくひとりの人間として描いている。映画では妻と2人の息子、同僚飛行士たち、夫を亡くした飛行士の妻なども描かれている。
 特にニールの妻ジャネットは自身も娘を亡くし常に夫の死を覚悟しながら時には夫を怒鳴りつけながら宇宙飛行士の妻という重圧に耐えている。


□ X―15のテストパイロットだったニール・アームストロングは幼い娘カレンを難病で失った。
 当時米国は宇宙開発競争でソ連に大きく遅れていた。米国は一気に月を目指そうとする。
 NASAが月に人類を送るためのジェミニ計画で宇宙飛行士を募集。民間人のニールも応募し採用された。
 ニールたちが激しい訓練を受けている中で、ソ連は初めての船外活動を成功させた。

 NASAの月計画では月まで往復する司令船と月に着陸する着陸船があり、宇宙空間で2機の船体のドッキングと分離技術が必要だった。
 1965年、ドッキング/分離および船外活動を行うためニール船長のジェミニ8号が打ち上げられた。ジェミニは先に打ち上げられたアジェナを発見し接近しドッキングに成功した。しかし船体が激しく回転し始めた。ニールはアジェナを切り離したがそれでも回転が止まらない。地上からの指示で回転は止まったものの緊急着水となった。

 1967年、NASAは本格的に月を目指すアポロ計画を開始する。
 アポロ計画に使用する司令船に実際に3人の飛行士が乗り込んでの試験中に火災が発生、3人は死亡した。
 1968年、地球の6分の1の重力の月での着陸を訓練するための訓練機でニールが訓練中に突然機体が傾き墜落、ニールは間一髪射出座席で脱出した。死にかけたニールだったが訓練機は必要だと言った。
 アポロ8号の月周回成功後、ニールは月着陸をする11号の船長に指名された。
 1969年7月20日、着陸船イーグルは月面に着陸し、ニール・アームストロングは月面に降り立った。


> ニール・アームストロングが月面に降り立った瞬間の映像を(私を含めて)全世界で5億人もの人たちがテレビ等を通してリアルタイムに見たとされている。

・ 製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ 
・ 監督: デイミアン・チャゼル
・ 原作: ジェイムズ・R・ハンセン
・ 出演: 
  ライアン・ゴズリング    ...  ニール・アームストロング

  クレア・フォイ        ...  ジャネット・アームストロング
  ジェイソン・クラーク    ...  エド・ホワイト
  カイル・チャンドラー    ...  ディーク・ストレイン
  コリー・ストール       ...  バズ・オルドリン
  パトリック・フュジット    ...  エリオット・シー
  クリストファー・アボット   ...  デイヴ・スコット
  キアラン・ハインズ     ...  ボブ・ギルルース
  オリビア・ハミルトン    ...  Pat White
  パブロ・シュレイバー   ...  James Lovell
  シェー・ウィガム      ...  Gus Grissom

【関連映画】
 「アポロ13 (1995)」:人類として3回目の月面着陸に向かいながら突然の事故で機体を損傷し地球への帰還さえも絶望的となったアポロ13の奇跡的帰還を描いた映画。トム・ハンクス主演。
 「ライトスタッフ(1983)」:米国人初の宇宙飛行を目標とする「マーキュリー計画」にからむ空軍戦闘機パイロットと家族達のドラマ
 「ドリーム (2016)」 白人と非白人の差別が法律で決まっていた時代、ソ連との宇宙競争で劣勢の米国NASAで活躍した3人の黒人女性数学者の実話に基づく映画。
 「ザ・ムーン(2007)」:月着陸の「アポロ計画」を当時の映像や現在の元宇宙飛行士たちのインタビューで描いたドキュメンタリー。
 「宇宙(そら)へ (2009)」約50年間のNASAの記録フィルムから編集したNASA宇宙開発ダイジェストの記録映画。
 「ガガーリン 世界を変えた108分 (2013、ロシア) 」 人類で初めて地球を周回したソ連の宇宙飛行士ユーリー・ガガーリン
--------
 「スペース カウボーイ (2000)」 宇宙開発が空軍からNASAに移ったため空軍パイロットのフランクたちは宇宙への夢をあきらめさせられた、約40年後、引退して70歳近いフランクと仲間たちは宇宙に行って旧ソ連の衛星を修理することになる。
 「ムーン・ウォーカーズ (2015)」 アポロ11が月面着陸に失敗した場合に備えてCIAがキューブリック監督に偽の月面着陸映像の撮影を依頼しようとするコメディ
 「カプリコン・1 (1977)」 初の有人火星探査船カプリコン・1が火星着陸に成功。2人の乗組員が人類として初めて火星に降り立った。しかし実は火星での映像は地球上で撮影されている偽映像だった。


■ファースト・マン FIRST MAN (2018/2019)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5967-933add8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)