FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ファイナル・フェーズ 破壊 (2018) ■
蜘蛛にかまれて超人になる話が信じられるかどうかは別として今回DVDで観た映画は、妻を亡くしアルコールにおぼれた中年男が娘たちを危険な目に合わせられ、ストレスが極限に達したときに超人となる。

90分中初めの30分は中年男がだらだらしているのを映しているだけ。
最後の30分くらいは映像的にはおもしろいところもある。
全体に話が回りくどくてストレスがたまった。


□ 宇宙物理学者マイケル・スワフォードはTVのインタビューで宇宙で発生するGRB(ガンマ線バースト)によって人類が滅亡すると語った。

 第一適合者となった45歳のジョセフ・ステッドマンは本人は気づいていないが監視されている。精神的に問題がありセラピストにかかっている。応募もしていない政府関連施設の警備員の職を得ることができた。
 妻ヘザーの死後、ジョセフは2人の娘との連絡を絶った。次女のレアは薬物中毒になっている。
 1年間の禁酒を達成したジョセフは長女ゾーイと仲直りしたいと思う。しかしついかっとなってゾーイを怒らせてしまう。

 ジョセフは路地で目覚めた。頭の中の声は娘たちの命と引き換えに強盗を命じた。
 ジョセフが夜間警備員をしているビルに入ると酸素マスクをつけるように命じられた。ビルの中ではたくさんの人々が死んでいた。
 ジョセフは命じられるまま、巨大な装置に入った。背後のドアが閉じられた。

 ニュースは政府関連ビルの大爆発を伝えている。
 警察に拘束されたジョセフは黒幕を聞かれ「偉大なる力"Higher Power"(原題)」と言った。

 ニュースは警察がジョセフ・ステッドマンを追っていると伝えた。



・監督: マシュー・チャールズ・サントロ
・出演: ロン・エルダード、コルム・フィオール、ジョーダン・ヒンソン、マリエル・ジャフィ、オースティン・ストウェル、MEI MELANCON、ERIK DANIEL CRUZ、RICHARD PORTNOY、ジェイド・テイラー、ローラ・マーゴリス、トム・ライト

■ファイナル・フェーズ 破壊 HIGHER POWER (2018/2018)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5964-e709c1c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)