FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
今週末公開される映画  2019/01/25,26
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  


 天才作家の妻 40年目の真実  (字幕版)

米国コネチカット州に住む作家ジョゼフ・キャッスルマンがノーベル文学賞を受賞する。ジョゼフは40年間連れ添った妻ジョーン、息子デヴィッドと共にストックホルムに行く。ジョゼフの伝記を書きたい記者ナサニエルが夫婦の秘密を追及する。
          グレン・クローズ、ジョナサン・プライス、クリスチャン・スレイター


 ヴィクトリア女王 最期の秘密 (字幕版) 金曜日公開

 ヴィクトリア女王は19世紀後半英国君主として60年以上君臨した。ヴィクトリア女王の時代、大英帝国は世界中に植民地を有して繁栄を極めた。
 1887年、即位50周年記念式典でヴィクトリア女王(ジュディ・デンチ)は英領インドから来たアブドゥルを従僕として採用した。
       

 サスペリア (字幕版) 金曜日公開

 40年前のホラー 「サスペリア(1977)」のリメイク。
 1977年、米国人のスージーはベルリンのマルコス・ダンス・カンパニーへの入団を許される。主力ダンサーのパトリシアが失踪していた。       ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、 クロエ・グレース・モレッツ


 十二人の死にたい子どもたち (日本) 金曜日公開

 廃病院に集まった12人の子供たち。彼らの目的は集団安楽死。しかしそこにはすでに13人目の生温かい死体が。
 死にたいけれど殺されたくない。
       堤幸彦監督       杉咲花


 ナチス第三の男 (字幕版) 金曜日公開

 ラインハルト・ハイドリヒはナチス・ドイツの軍人で親衛隊大将、警察大将、ユダヤ人大量虐殺の実質的な推進者だった。
 1942年5月27日、ベーメン・メーレン保護領(チェコ)のプラハで実質的統治者だったハイドリッヒは英国およびチェコスロバキア亡命政府が送り込んだ暗殺者に襲撃され死亡した。
        ジェイソン・クラーク、ロザムンド・パイク、ジャック・オコンネル、ジャック・レイナー、ミア・ワシコウスカ
[関連映画]  「死刑執行人もまた死す (1943)」「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦 (2016)」


【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 Serenity
  美しい島で釣りツアーを主催して静かに暮らしていたベイカーを元妻カレンが訪ねてくる。カレンはベイカーに現在の夫を殺害するように頼む。
           マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ダイアン・レイン


 The Kid Who Would Be King

 ファミリー・アドベンチャー/ファンタジー  ロンドン。いじめられっ子に追いかけられていたアレックスは岩に刺さっていた剣を引き抜いた。アレックスはファーストフード店でバイトをしていたマーリンに会いに行く。
            パトリック・スチュワート、 レベッカ・ファーガソン 

 The Final Wish

 「インシディアス(シリーズ)」でエリーズを演じているリン・シェイと、「インシディアス 最後の鍵(2018)」に出演していたスペンサー・ロックが出演するホラー。撮影に使われた家は「アナベル 死霊人形の誕生 (2017)」と同じ。
 ほかの映画との関連性は不明。


(掲載しているのは私が興味を持った映画の原語版のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは早ければ1年後にはまったく別のサイトに置き換わることがあるのでリンクさせていません。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5934-61fd7c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)