FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ノクターナル・アニマルズ (2016) ★
20年前に別れた元夫から届いた小説は、自分にささげられたヴァイオレンス小説。
オスカー助演男優賞(マイケル・シャノン)ノミネート
DVDで観た。

□ スーザンはLA近郊の使用人が何人もいる豪邸に住んでいる。仕事で問題を抱える夫のハットン・モローはスーザンの夜の誘いに乗ってこない。
 スーザンが19年前に別れた元夫のエドワードから著書「ノクターナル・アニマルズ(夜行性動物)」の校正刷りが送られてくる。
 ハットンが商談で出張し、スーザンはエドワードの小説を読み始める。小説は"FOR SUSAN"となっていた。


 トニーは妻子を乗せて夜のハイウェイを走っていた。3人の男たちとトラブルになり妻と娘が連れ去られレイプされて殺された。
 1年後、3人組のスーパーの強盗の1人ルーか逮捕されトニーは担当のアンディーズ警部補に呼ばれる。ルーはトニーの家族を襲った1人だった。


 スーザンは夜も寝ない。エドワードはスーザンを「ノクターナル・アニマル(夜行性動物)」と呼んでいた。
 大学院生のころエドワードと2年ほど結婚していたが、スーザンはハットンに乗り換えた。


 アンディーズ警部補とトニーは一味のレイを捕らえる。しかし証拠不十分で保釈された。
 末期癌のアンディーズはトニーと話し合う。


 エドワードからスーザンに会いたいというメールが届く。
 ・・・・・


・ 監督: トム・フォード
・ 原作: オースティン・ライト "Tony and Susan"
・ 出演: 
   エイミー・アダムス      ... スーザン・モロー
   ジェイク・ギレンホール    ... トニー・ヘイスティングス/エドワード・シェフィールド
   マイケル・シャノン       ... ボビー・アンディーズ警部補

   アーロン・テイラー=ジョンソン、アイラ・フィッシャー、カール・グルスマン、アーミー・ハマー 、
   ローラ・リニー、アンドレア・ライズブロー、マイケル・シーン、ジェナ・マローン

■ノクターナル・アニマルズ NOCTURNAL ANIMALS (2016/2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5887-b7a9fc24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)