FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ReLOAD リロード  (2016) ■
ゲームでアバターを動かすように現実世界の人間を操れたら。そんなシステムを開発した男自身が装置を組み込まれて操り人形になる。操作しているのはゲームの達人。DVDで観た。

 マックスにコントロールされたクリードが格闘でやたら強いのはマックスがゲームの格闘で強いせいかと思ったら、マックスのコントロールをはずしたクリードも格闘でやっぱり強い。俳優が格闘技の達人なのを生かしたかったのかアクションシーンが多い。でも明らかにパンチがはずれている映像がある。カーアクションはゲーム画面中心。

□ (シアトル)
 ビデオゲーム・メーカー キンケイド社の最優秀ベータテスターのマックスは自宅に届けられたベータ版ゲームのベータ・テスト(原題)を開始する。

 メニューもなくいきなり開始されたゲームの画面には男が見えているものが映る。鏡に映った男は、CEOのキンケイドと対立してキンケイド社をクビになったクリードに似ていた。ゲーム中、男は妻を人質にとられていて指示に従うしかない。
 与えられた最初のミッションは、強盗事件発生中の銀行の貸金庫から中身を持ち出すというもの。貸金庫の中には拳銃が入っていた。指示に従い強盗達を殺して金を奪う。

 マックスの家のTVはクリードが銀行強盗を殺して大金を持ち去ったと報じていた。

 マックスは自分がプレイしているゲームと現実がリンクしていることに気がつく。自分はゲームで強盗達を射殺したが、現実の世界では強盗達が本当に死んでいる。
 マックスの家に武装した男たちがやってきて見張られていて、マックスはゲームを続けるしかない。

 妻を人質に取られたクリードは意識はあるものの行動はマックスに制御されている。クリードがコントロールされているシステムを開発したのは、クリード自身だった。マックスはクリードと協力してキンケイドと戦おうとする。
 ・・・・・


・ 監督: ニコラス・ジエニー
・ 出演: マヌー・ベネット、ラレンズ・テイト、リンデン・アシュビー
> NPC:non player character   

【映画の中の日本】  クリードとキンケイドが日本刀で斬りあう

■ReLOAD リロード Beta Test (2016/---)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5876-7331b769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)