FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
search サーチ (2018) ★★
とてもおもしろかった。
 父親とふたり暮らしの女子高生が姿を消す。女性刑事が捜査する一方で、父親はパソコンを操作して娘のSNSの友達たちをしらみつぶしに当たっていくと父親が全く知らなかった娘の姿が浮かび上がってくる。
 SNSの友達たちに直接問い合わせると友達登録をしていても友達というわけではないという答ばかり。しかし本当の友達が見つからない。娘が死んだというニュースが流れると途端に親友だったと称する友達が何人も現れる。
 全編、スクリーンに映るのはディスプレイ画面だけというユニークな映画。だけど決して奇抜さを売りにした映画ではない。
 やがて最悪の結末が待っている。ところが、ところが、ところが、と何度も大逆転がある。

□ サンノゼに住むデビッド、パム、マーゴットはとても仲の良い家族だった。しかし長い闘病の末妻で母親のパムは2015年に亡くなってしまう。
 木曜の夜、高校生の娘マーゴットは父デビッドとビデオ通話で友達の家で徹夜で生物の勉強会をすると会話した。
 翌日金曜日、デビッドが起きるとマーゴットはすでに登校したらしかった。夜のうちにマーゴットから3回も着信があった。マーゴットはラップトップを持たずに出かけていた。
 午後、マーゴットが行ったはずのピアノ教室に電話すると、マーゴットは半年も前にやめていた。デビッドは授業料をマーゴットに渡し続けていた。
 学校は欠席していた。デビッドの弟のピーターも行先を知らなかった。生物の勉強会をした友達と電話するとマーゴットは徹夜などせず9時ごろには出たという。
 幼馴染のアイザックの家に電話すると母親はマーゴットはアイザックと一緒に山にキャンプに行き、月曜の朝に帰ってくると言った。
 月曜にアイザックと話すとマーガレットは待ち合わせ場所に来なかったという。

 結局、木曜の夜からマーゴットの所在が不明とわかり、デビッドは警察に捜索願を出した。任命されたローズマリー・ヴィック捜査官がやってくる。ネットで調べるとヴィック捜査官は何度も表彰された優秀な刑事らしい。
 デビッドが、パソコンで調べるとマーゴットはFacebookやInstagramをしていてライブ配信もしていたことがわかる。
 ヴィック捜査官の捜査によって監視カメラの映像からマーゴットの車が町を出たところまでわかる。マーゴットの口座から大金が別の口座に移される不審な操作をしていたことがわかる。ヴィック捜査官はマーゴットが犯罪にかかわっていた可能性もあるとデビッドに言った。

 デビッドはマーゴットがネットに載せた写真からマーゴットの行先を突き止める。
 マーゴットの車が見つかり、車内から血痕が見つかる。警察は捜査を誘拐事件に切り替え公表する。
 デビッドは、不審な人物を突き止めカメラをいくつも隠して問い詰めた。
 ヴィック捜査官から何度も緊急電話がかかる。 
 ・・・・・


・ 監督: アニーシュ・チャガンティ
・ 出演: 
   ジョン・チョー      ... デビッド・キム
   デブラ・メッシング   ... ローズマリー・ヴィック捜査官
   ジョセフ・リー      ... ピーター、弟
   ミシェル・ラー      ... マーゴット、娘

 デビッドは「雨が降ってから2日だ!」と叫んでUターンするが、雨が降るまでの日数はもっと長い。

■ search/サーチ "SEARCHING" (2018/2018) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5873-ed309303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)