FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
007私を愛したスパイ (1977)
冷戦下で英国とソ連の原潜が消息を絶ち双方とも相手の仕業と考える。両者は互いにトップ・エージェントを送り込み、ふたりは恋に落ちる。

007シリーズ10作目。ボンドはロジャー・ムーア、ヒロインはバーバラ・バック、悪役はクルト・ユルゲンス。
主な舞台はエジプト、サルデーニャ等。

DVDで観た。

□ 英国とソ連の原子力潜水艦が救難信号もなく相次いで消息を絶つ。Mはボンドを担当させる。ソ連はベスト・エージェントのトリプルXアマソヴァ少佐♀を担当させる。

 原潜の追跡システムを売ろうとしている男がいるという情報でボンドはカイロに行く。ボンドとアマソヴァは売り手のカルバと会うが、カルバは銀色の歯の大男ジョーズに殺されてしまった。ふたりはジョーズを追った。

 英ソが協力することになり、ボンドとアマソヴァはサルデーニャ沖合にある富豪ストロンバーグの海洋研究所を訪ねた。サルデーニャに戻ったふたりをジョーズが追った。

 ストロンバーグの巨大タンカーを調査するためふたりは英国の潜水艦に乗り込む。潜水艦が操舵不可能となり巨大タンカーに飲み込まれる。
 ボンドは拘束されていた原潜乗組員たちを解放しストロンバーグの手下たちと戦う。
 ストロンバーグは奪った原潜でニューヨークとモスクワを核攻撃しようとしていた。
 ・・・・・・


> ジョーズは次作「007ムーンレイカー(1979)」にも登場する。20年後、「GO!GO!ガジェット(1999)」にリチャード・キール演ずる“有名な銀色の歯の大男”が登場する。

・ 監督: ルイス・ギルバート
・ 原作: イアン・フレミング
・ 出演: 
   ロジャー・ムーア     ... ジェームズ・ボンド中佐
   バーバラ・バック     ... アニヤ・アマソヴァ少佐、トリプルX
   クルト・ユルゲンス    ... ストロンバーグ
   リチャード・キール    ... ジョーズ
   キャロライン・マンロー  ... ナオミ

   バーナード・リー      ... M
   デスモンド・リュウェリン  ... Q
   ロイス・マクスウェル    ... マネーペニー

【関連映画】   「JAWSジョーズ(1975)」

◆007私を愛したスパイ THE SPY WHO LOVED ME (1977/1977、英国)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5866-cef328c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)