FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
インビジブル 暗殺の旋律を弾く女 (2018) ★
盲目の女性が女性転落死亡事件にまきこまれ命を狙われる。しかし盲目の女性にも秘密があった。全体に盛り上がらない。
最後にあっとおどろく展開!だけどなんか、ずるいというか、思い付きというか納得いかない。
DVDで観た。

「ゲーム・オブ・スローンズ」のマージェリー・タイレル役ナタリー・ドーマー主演


□ ロンドンに住むソフィアはオーケストラのピアニスト。盲目で地下鉄で通っている。
 ソフィアの上の階に住む若い女性ベロニクに父親のパーティで演奏してほしいと頼まれる。ベロニクの父ラディチはセルビア人で戦争犯罪で審議されている。
 夜、男女の話し声がして大きな物音がした。ソフィアが窓を開けベランダに出ると道路で悲鳴が聞こえた。ベロニクが転落して死んだのだ。
 ソフィアはミルズ警部にヘッドホンをしていて何も聞かなかったと話した。
 TVによれば警察はベロニクが自殺したとみている。
 ソフィアの部屋に誰かが侵入するが(ソフィアが盲目とわかり)何もせずに立ち去った。

 ソフィアはラディチのパーティでピアノを弾いた。ラディチにとってなつかしい曲を演奏したソフィアはラディチの部屋に招かれる。ラディチはシャンパンを注いでソフィアに勧めた。
 部屋に女(アレックス)が入って来てラディチと話をはじめる。ソフィアは見えないように小瓶をとりだしたが床に落としてしまった。

 夜、ソフィアは路地で男たちに襲われるが、ひとりの男に助けられた。

 テームズ川でソフィアは老人と会った。老人はソフィアに身を隠せと言うがソフィアは拒否した。
 通りを歩いていたソフィアは男たちに拉致される。バンの中で男たちはソフィアに「USBはどこだ」と問い詰めて指を折った。再び男が現れてソフィアを助け出した。
 病院で寝たふりをしているソフィアの枕もとでミルズ警部は「あんたも謎だらけだ」とつぶやいた。

 ベロニクの部屋でソフィアは何度も助けてくれた男マークと会った。
 マークはベロニクの恋人で、姉のアレックスはラディチの警備をしていた。
 ソフィアはアレックスとふたりだけで会う。
 ・・・・・


・ 監督: アンソニー・バーン
・ 出演: ナタリー・ドーマー、エド・スクライン、エミリー・ラタコウスキー、ニール・マスケル、ジョエリー・リチャードソン

■インビジブル 暗殺の旋律を弾く女 IN DARKNESS (2018/2018) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5862-bbc48fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)