FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ワンス・アポン・ア・タイム Ep.1-1~4 (TV2011) 
魔女の呪いでおとぎ話の登場人物たちが現代という時と小さな町に囚われている。彼らは本来の姿を忘れている。
2011年から7シーズン続いている人気TVシリーズのシーズン1の全22話中1~4話をDVD2枚で観た。
ヘンリー少年役のジャレッド・S・ギルモアはシーズン1では11歳頃だった。

> 「 Ep.1-5~8 」に続く。

□ あらすじ中、◇はおとぎばなしの世界、〇は現実

【1-1】 Pilot

◇スノーホワイトと王子の結婚式に現れた悪の女王は呪いをかけた。
 牢獄にいたルンペルシュティルツキンは女王の呪いによってみんなが時の監獄に捕らわれると言った。
 みんなを監獄から救い出せるのはスノーホワイトのお腹の中の子供だけ。子供の名前は“エマ”。

〇ボストンで一人で暮らすエマ・スワンは人探しのプロ。ヘンリーという少年が訪ねてきて自分はあなたの息子だと言う。エマは10年前に産んだ子を養子にだした。  
 エマはヘンリーをメイン州ストーリーブルック(おとぎの国)に車で送っていった。
 ストーリーブルックの町の時計は8時15分で止まっていた。
 ヘンリーによれば町の人たちはおとぎ話の登場人物で、犬を散歩させているアーチ―さんは本当はジミニー・クリケット。
 ヘンリーは町長レジーナの養子だけど、母親のふりをしているレジーナは本当は悪の女王。
 ・・・・・

> ルンペルシュティルツキン:グリム童話:王妃が赤ん坊を渡す約束をした小人は自分の名前をあてられたら子供を取らないと言う。
> ジミニー・クリケット: ピノキオに登場する話すコオロギ


【1-2】 The Thing You Love Most

〇エマはストーリーブルックにしばらく滞在することにする。ストーリーブルックの町の時計が動き始める。
 エマはヘンリーの先生メアリーと話す。ヘンリーによればメアリーは本当はスノーホワイト。
 レジーナはいろいろな脅しや罠でエマを町から追い出そうとする。
 エマがレジーナに「ヘンリーは異常"crazy"」と言ったのをヘンリーが聞いてしまう。
 ・・・・・


【1-3】 Snow Falls

〇ヘンリーは病院でずっと昏睡状態のジョン・ドウ(氏名不詳)の男がチャーミング王子だと言い張った。
 夜間、ヘンリーを納得させるためメアリー(スノー・ホワイト?)はジョン・ドウ(チャーミング王子?)のベッドの脇でおとぎ話の本を朗読した。突然ジョン・ドウがメアリーの手に触れた。ホエール医師が駆けつけるがジョン・ドウは昏睡状態のままだった。メアリーが帰宅した後で、ホエール医師はレジーナに電話した。
 メアリーはエマとヘンリーにジョン・ドウが手を動かしたと報告した。3人が病院に行くとジョン・ドウが消えてレジーナがいた。病院の監視テープにはジョン・ドウが歩いて出ていく姿が写っていた。
 保安官、メアリー、エマ、ヘンリーは森の中の川で倒れているジョン・ドウを見つけた。
 メアリーがマウストゥーマウスで人工呼吸するとジョン・ドウが息を吹き返した。しかし自分が誰かはわからない。
 彼の妻キャスリンが病院にかけつけた。ジョン・ドウの本当の名前はデヴィッド・ノーラン。

◇婚約者アビゲイルと共に宮殿に向かっていた王子の馬車から宝石袋を盗ったスノーホワイトは王子に追いかけられる。互いに命を助け合いふたりはひかれあう。スノーホワイトは王子をチャーミングと呼んだが王子は自分はジェームズだと言った。王子は婚約者の元に帰っていった。


【1-4】The Price of Gold

◇お城の舞踏会に出かけて行った義母たちをさびしく見送ったシンデレラの前に魔法のワンドを持つフェアリー・ゴッドマザーが現れる。しかしフェアリー・ゴッドマザーはルンペルシュティルツキンに消されてしまう。シンデレラはルンペルシュティルツキンと取引した。
 エラ(シンデレラ)とトマス王子の結婚パーティにスノーホワイトやジェームズもお祝いに駆けつけた。ルンペルシュティルツキンはエラに望みをかなえた代償としてエラの最初の子供を要求した。

〇妊婦のアシュリーがゴールド氏の店に侵入し大切なものを盗んだ。ゴールド氏はエマ・スワンにアシュリーの捜索を依頼する。
 エマ・スワンとヘンリーは町はずれで車がクラッシュし苦しんでいたアシュリーを病院に運ぶ。アシュリーはアレクサンドラを出産した。



・ 出演: 
ジニファー・グッドウィン     ... メアリー・マーガレット・ブランチャード(先生)/スノーホワイト
ジェニファー・モリソン      ... エマ・スワン、スノーホワイトの娘
ラナ・パリーヤ           ... レジーナ・ミルズ町長/悪の女王
ジョシュ・ダラス          ... ジョン・ドゥ、デヴィッド・ノーラン/チャーミング王子、ジェームズ
ジャレッド・S・ギルモア     ... ヘンリー・ミルズ少年
ラファエル・スバージ       ... アーチー(精神科医)/ジミニー・クリケット
ジェイミー・ドーナン        ... グレアム保安官/狩人
ロバート・カーライル       ... ゴールド氏/ルンペルシュティルツキン

トニー・アメンドーラ        ... マルコ/ゼペット
リー・アレンバーグ          ... リロイ/グランピー(ドリーミー)
クリスティン・バウアー・ヴァン・ストラテン ... マレフィセント
ジャンカルロ・エスポジート     ... シドニー・グラス/魔法の鏡/ジーニー
トニー・ペレス           ... ヘンリー(悪の女王の父)
デヴィッド・アンダース      ... ホエール医師(病院)
アナスタシア・グリフィス     ... キャスリン・ノーラン/アビゲイル
ミーガン・オリー          ... ルビー(ウエイトレス)/赤ずきん
ティム・フィリップス        ... ショーン・ハーマン/トマス王子
ジェシー・シュラム        ... アシュリー・ボイド/シンデレラ
テッド・ウィットール        ... Mitchell Herman/王様

> ジョン・ドゥ ; 女性の場合は ジェーン・ドゥ

●ワンス・アポン・ア・タイム ONCE UPON A TIME Ep.1-1~4 (TV2011) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5854-a4e6fcff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)