FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
デス・ウィッシュ (2018)  ★
チャールズ・ブロンソン「狼よさらば(1974)」のリメイク。
 銃とは無縁の平凡な男が妻子を襲われた怒りから町にはびこる犯罪者たちを成敗していく。当然違法行為だが支持するものも非難するものもいる。
 最後の指鉄砲のポーズは、オリジナル版の最後と同じ。
 続編がつくられるとすれば舞台はニューヨーク?

□ シカゴ北病院の優秀な外科医ポール・カージー医師が夜間緊急手術中に自宅が襲われ妻子が撃たれて救急搬送されてくる。妻は死亡、娘ジョーダンの手術は成功したものの昏睡状態のまま目覚めない。
 シカゴでは毎日数十人が撃たれている。ポールが担当のレインズ刑事を訪ねると部屋には未解決の事件カードが壁いっぱいに貼られていた。
 患者が落とした拳銃を隠したポールはネットで拳銃を勉強する。
 深夜、拳銃を持った男たちが若い女性の車を奪おうとしたとき、突然現れたフードをかぶった男が男たちを射殺する。犯行の一部始終がネットで流れフード男は「死神」と呼ばれて賛否両論がわきおこった。
 映像を見たレインズ刑事は犯人が左きき、拳銃の取り扱いに不慣れで後退したスライドで左手に怪我したことをつきとめる。
 白昼、アイスクリーム屋を装って子供たちを使って麻薬を売っていた男と一味がフードをかぶった白人男性に射殺される。目撃者はたくさんいて人相書きが公開される。

 病院に見覚えのある男が救急搬送されてくる。ポールの妻子を襲った一味に情報を伝えた男だった。ポールは一味を1人ずつ片付けていく。
 ポールの弟のフランクは、ポールの左手の怪我に気づく。

 フランク・カージーがレインズ刑事に「死神」ではないかと疑われる。フランクは左利きだが怪我をしていなかった。
 ・・・・・・


・ 監督: イーライ・ロス
・ 原作: ブライアン・ガーフィールド
・ 出演: ブルース・ウィリス、 ヴィンセント・ドノフリオ、 エリザベス・シュー、 カミラ・モローネ、 ディーン・ノリス、 キンバリー・エリス
 映画で使われた拳銃「GLOCK17」を持っている(もちろんモデルガン)。映画では片手で持って撃っているときに怪我していたけれど、発射時のスライドで映画みたいな怪我をするように持つのはかなりむつかしいそう。

■デス・ウィッシュ DEATH WISH (2018/2018)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5842-092b5826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)