FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
APBハイテク捜査網 Ep.1-1~2  (TV2017) ■
長年の親友を殺された超先進企業のCEOが警察分署の現状のひどさを知って自ら警察署の運営に乗り出す。
TVシリーズ全12話中の1~2話をDVD1枚で観た。

 金の力で警察設備を最先端のものにする。しかし技術だけでは事件は解決しない。
 技術を過信するCEOと実戦経験を重視する警官は、最初はかみ合わないが互いの利点を認めることで効果をあげていく。
 反発して辞めていく警官もいるが、協力する警官も増えていく。
 おもしろいところもあるけれど、全体にノリが悪いし台詞も説明過剰でいらつく。


【1-1】Hard Reset

 世界的な超ハイテク企業リーヴス工業を率いる億万長者のギデオン・リーヴスは夜立ち寄った酒店で強盗に襲われ長年の親友を殺される。しかしシカゴ13分署は予算削減で人員不足且つ設備貧弱でまったく機能していない。6週間後、ギデオンは市への巨額の寄付と引き換えに13分署の管理権を手に入れる。
 新聞は“傲慢な億万長者の道楽に付き合わされシカゴ市民が危ない”と報じた。

 リーヴスは署内の機材を最新のものに入れ替え、最新の防弾ベストや強力スタンガン、最新鋭のパトカーまで支給する。スマホアプリ“APB”で市民が誰でも通報できるようにした。
 はじめはギデオンに不信を感じていた警官のマーフィはギデオンのやり方に利点もあると考えるようになる。
 しかし容疑者を追っていた新人警官が撃たれたことで署内の不満が一度に噴出する。
 マーフィは、警官が撃たれたことに責任を感じているギデオンに警官の実務経験を取り入れることも必要だと説く。
 マーフィたち現場警官が集めた情報をギデオンのシステムで分析することで拳銃を持って移動している凶悪犯の行動がわかる。
 ギデオンはマーフィを刑事に昇格させる。
 ・・・・・

【1-2】Personal Matters

 薬局の強盗犯が逃走中に子供をひき逃げする。ギデオンのシステムでも逃走犯の足取りがつかめない。
 昔ながらの警察犬が逃走車両を発見する。車が爆発し警察犬が重傷を負った。
 車の破片を手掛かりに容疑者としてジェド・バクスターが浮かび上がる。バクスターをマーフィが追い、ギデオンもドローンで追うがまたしても逃げられた。
 マーフィはギデオンをパトカーに乗せなぜバクスターが逃亡できたかを現場で説明した。
 バクスターがどの薬局を襲っても対応できるようにパトカーを配備し、マーフィの息子マテオの遊びからギデオンが思いついた新兵器が準備される。
 ・・・・・


・ 出演: ジャスティン・カーク、 ナタリー・マルティネス、 テイラー・ハンドリー、 ケイトリン・ステイシー、 タンベルラ・ペリー、 ネストール・セラノ、 アーニー・ハドソン


【映画の中の映画】 「ナイトライダー "KNIGHT RIDER"」 1980年代の人気TVシリーズ... 台詞に出てくる


●APBハイテク捜査網 "APB" Ep.1-1~2  (TV2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5822-4dceb026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)