FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
イコライザー2 (2018) ★
イコライザー(2014)」の続編。元CIAの凄腕エージェントだったマッコールは手近なものを使って相手を殺す。弱い善人の味方で、相手がどんなにすごい大物でもひるむことはない。前作ではホームセンターに勤めていたが今回はリフトドライバーになっている。海外との行き来も自由にしているらしい。

 マッコールがしているのはタクシードライバーではないようだ。日本にすでに進出した「ウーバー」と似た「リフト」のドライバー。個人の車を使い利用者が運転手を指名して迎えに来てもらう。

 上映館があまり多くなく上映している館もなぜかMX4DやIMAXでしか上映していないところもある。普通の字幕版を早い時間に上映している館を探して某映画館を2年近くぶりに利用した。結構すさまじいアクションもあるがMX4DやIMAX向きとは思えなかった。


□ ボストンのリフトドライバー、実は元CIAのロバート・マッコール。自分として見逃せない悪をたとえ海外であっても正す。
 ブリュッセルでカルベル夫妻の射殺死体が見つかる。夫が妻を射殺して自殺したらしい。実はカルベル氏はCIAの協力者。CIAのスーザン・プラマーが調査のためブリュッセルに飛ぶがホテルで殺される。警察はホテル強盗の仕業と判断する。
 マッコールが調べると犯人たちは偶然ではなく最初からスーザンを狙って殺したことがわかる。しかもその後犯人2人は爆発で死んだ。
 スーザンはマッコールの元上司で、死んだことになっているマッコールとしばしば会っていた友人でもあった。
 マッコールはCIA時代の仲間デイブ・ヨークと再会する。スーザンを殺したのはマッコールのCIA時代のチームメイトたちだった。
 マッコールはかっての仲間たちに戦いを挑む。



・ 監督: アントワーン・フークア
・ 出演: デンゼル・ワシントン、 ペドロ・パスカル、 アシュトン・サンダーズ、 オーソン・ビーン、 ビル・プルマン、 メリッサ・レオ

■イコライザー2 THE EQUALIZER 2 (2018/2018)(字幕) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5821-8fb5553f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)