FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
スターシップ9 (2016) ★
両親が去って宇宙船にたったひとり残されたエレナが、両親以外の初めての人間(男)と出会う。
エレナの宇宙船にはとんでもない秘密が隠されていた。
DVDで観た。


□ エレナは宇宙船にただひとり。エレナの両親は移民のためセレステに向かっていた。セレステまで40年かかる。エレナは船内で産まれた。
 酸素供給装置の不具合が発生し救難信号を発信した。救援は来たとしても何年後かわからない。両親はエレナを少しでも生き延びさせるために3年前に船を出た。

 船内の装置が宇宙ポッド連結を知らせる。
 救難信号を受信したというロボット・エンジニアのアレックスが宇宙船に乗り込んでくる。アレックスは酸素マトリクスの修理を始めた。
 エレナは両親以外の人間を知らない。男を見るのも初めて。もちろんキスをしたこともない。たったひとりでセレステまであと20年もかかる。エレナとアレックスは抱き合った。
 アレックスは船を出ていった。
 ・・・・・・

             (以降のあらすじは後述。この映画を見るかもしれない人は読まないほうが良い。)

・ 監督: アテム・クライチェ・ルイス=ソリヤ
・ 出演: クララ・ラゴ、アレックス・ゴンサレス、アンドレス・パラ、ベレン・ルエダ

              (あらすじの続き)

□  再びポッドが接続される。
 宇宙服さえも着ていないアレックスが入ってくる。
 アレックスはエレナにここは地球だと告げた。

 15年後に開始されるセレステ移住のために何十年も前から宇宙生活のシミュレーターを使った実験が行われていた。地上のオービット計画本部で地下にある全シミュレーターがモニターされている。エレナのシミュレーターは09。シミュレーターにいる人たちは自分たちは宇宙にいると思い込んでいる。彼らの犠牲で数百万人の命を救える。・・・・・・



■スターシップ9 ORBITA 9 (2016/2017、スペイン/コロンビア)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5805-624057c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)