FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ルイの9番目の人生 (2015) ★
産まれた瞬間から何度も死にかけた少年が9歳の誕生日に崖から落ちて昏睡状態となる。担当医師はなぜ少年が何度も死にかけるのか原因を探る。DVDで観た。

欧米では猫は9つの命を持つと言われる。ルイの9番目の人生は昏睡状態だった。


□ ルイ・ドラックス少年は帝王切開で産まれた。生後16週目、ベビーベッドの上のシャンデリアが落ちてきて肋骨が粉々になった。その他こまかい怪我や病気は始終で、8歳までに食中毒などで8回死にかけた。
 9歳の誕生日に両親とピクニックに行ったルイは崖から海に落ちた。ヘリコプターで病院に運ばれたが生体反応はなく医師は死亡を記録した。母親のナタリーは半狂乱だった。
 2時間後、検死待ちの安置所でルイは息を吹き替えした。体中の骨が折れていて絶望的で昏睡状態だけどとにかくルイは生きていた。

 小児昏睡専門のパスカル医師がルイの担当となる。現場から消えた父親ピーターは指名手配されている。

 パスカルはナタリーに話を聞く。ナタリーによれば夫とは夫婦仲が悪かった。ルイの誕生日に家族でピクニックに行った時も口論が始まった。ルイが駆け出し父親が後を追った。ナタリーはルイをかばった。ルイは絶望の表情を浮かべて落ちていった。パスカル医師はナタリーと深いキスした。

 昏睡状態のルイが上半身を起こし「パパが」と言って再び昏睡状態となる
 夜、ルイのベッドの脇で寝てしまったパスカルは海藻に覆われた人が病院内にいる夢を見た。

 ナタリー宛に手紙が届く。ナタリーに相談されたパスカルは警察に届ける。差出人名はルイで、母親にパスカルを含め男を近づけちゃだめだと書かれていた。筆跡は利き腕でない方の手で書かれたものらしい。パスカルを含む病院職員全員の筆跡が鑑定される。
 パスカルは、以前ルイがセラピーにかかっていたペレーズ医師を訪ねる。ナタリーに来た手紙のコピー見せるとルイが言いそうなことだと言った。
 パスカルの自宅に「ママに近づくな」という手紙が届く。

 海岸の洞窟内でピーターの死体が発見された。
 ・・・・・・



・ 監督: アレクサンドル・アジャ
・ 原作: リズ・ジェンセン
・ 出演: 
   ジェイミー・ドーナン    ... アラン・パスカル医師
   サラ・ガドン         ... ナタリー・ドラックス、母親
   エイデン・ロングワース  ... ルイ・ドラックス
   オリヴァー・プラット     ... ペレーズ医師、精神科医
   モリー・パーカー       ... ダルトン刑事
   バーバラ・ハーシー     ... ヴァイオレット・ドラックス、祖母
   アーロン・ポール      ... ピーター・ドラックス、父親

■ルイの9番目の人生 THE 9TH LIFE OF LOUIS DRAX (2015/2018、カナダ/英国) 



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5792-de0f98aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)