FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
銀魂2 掟は破るためにこそある (2018) ■
アクションは面白かったが、セリフギャグが延々と続くつまらない部分が多く全体としてはおもしろくなかった。
前作「銀魂(2017)」はもう少し楽しめたという記憶があるのだが?


□ 家賃を滞納している銀時たちは仕方なくキャバレーでバイトを始めるが客として現れたのはなんと徳川将軍茂茂。
 真選組に伊東鴨太郎が現れ近藤勲は先生と呼んで厚遇する。
 副長の土方十四郎のキャラがなぜか崩壊、トッシーというオタクが現れ、真選組をクビになる。しかし自分ではどうすることもできず一瞬現れた土方十四郎は銀時たちに真選組を助けてくれと頼んだ。
 伊東鴨太郎の目的は土方を追い出して副長になること。ではなく近藤勲の後釜になることだった。
 ・・・・・


・ 監督: 福田雄一
・ 原作: 空知英秋
・ 出演: 小栗旬、 菅田将暉、 橋本環奈、 柳楽優弥、 三浦春馬、
   中村勘九郎、長澤まさみ、夏菜、窪田正孝、吉沢亮、勝地涼、戸塚純貴、岡田将生、堤真一、堂本剛

> 銀魂ファンには常識なのかも知れないが通りに「春夏冬」の看板があった。「商い」

■銀魂2 掟は破るためにこそある(2018、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5764-c8de9794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)