FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
少女ファニーと運命の旅 (2016) ★
ナチス支配下のフランスではユダヤ人迫害が行われ子供たちだけでも逃がそうとする組織があった。ユダヤ人をかくまっていることは、ドイツ兵だけでなくフランス人にも知られてはならない。大人が付き添って中立国のスイスに逃がそうとするが、大人たちとはぐれて子供たちだけになってしまう。ファニー・ベン=アミの実体験をもとにした映画。DVDで観た。


□ 第二次大戦中 フランスではユダヤ人の子供たちが支援組織に託された。
 1943年、クルーズ"Creuse"の施設がフランス人の住民に密告され閉鎖されることになり子供たちは移動させられる。両親と別れて2年のファニーもふたりの妹(エリカ、ジョルジェット)と共にイタリア占領地のムジェーブ"Megève"のマダム・フォーマンの館に移る。
 ムッソリーニが逮捕されたというニュースが流れ、イタリア軍に代わりドイツ軍が侵攻してきて危険になると考えたマダム・フォーマンは子供たちをすぐに逃がすことにする。マダム・フォーマンは子供たちにそれぞれ大人をつけてスイスに向かわせた。
 ファニーたち子供8人は青年エリーに連れられて列車に乗った。マダム・フォーマンは自分が列車で捕まると子供達まで巻き添えになるため車で後を追う。
 途中の駅でドイツ兵を見たエリーはパニックになり子供たちを残して消えてしまった。追いついたマダム・フォーマンはもっと年上の子供もいるのに13歳のファニーをリーダーにした。
 次はアンヌマスで会うはずだったが、列車はアヌシーで打ち切りになってしまう。子供たちはアンヌマス行きの貨物列車に潜り込んだ。子供たちはアンヌマスで、駅員に見つかるが駅員は見逃してくれた。

 アンヌマス駅の「林間学校」の看板の下で待っているとボールを抱えた青年が現れた。
 青年は山の上で待っていた男に子供たちを渡す。男はトラックに子供たちを乗せた。
 途中、トラックが警官に止められて子供たちは尋問され監禁される。
 逃げ出した子供たちは山を登っていった。しかしこの後どうすればいいのか誰も知らない。
 ・・・・・



・ 監督: ローラ・ドワイヨン
・ 原作: ファニー・ベン=アミ
・ 出演: 
   レオニー・スーショー       ... ファニー
   ファンティーヌ・アルデュアン  ... エリカ、妹
   セシル・ドゥ・フランス       ... マダム・フォーマン
      ジュリアンヌ・ルプロー、ステファン・ドゥ・グルート、ヴィクトール・ムーテレ、ファニー・ベン=アミ (本人)

> エリカ役のファンティーヌ・アルデュアンは「ハッピーエンド(2017)」でジャン=ルイ・トランティニャンと共演

■少女ファニーと運命の旅 LE VOYAGE DE FANNY (2016/2017、フランス/ベルギー)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5736-8f9db3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)