FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ジョニー・イングリッシュ (2003) ★
 英国の諜報員はジェームズ・ボンドだけではない。
 昔日本でも大人気だったMr.ビーンのローワン・アトキンソンが(エージェントが全員死んだので)英国トップのエージェントを演じるコメディ。
 DVDで観た。特典映像にはメイキングやインタビューが収められている。

> 「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬(2011)」 「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲 (2018) 」 


□ 英国一優秀なMI-7諜報員エージェント1が任務遂行中に死亡。エージェント全員が参加した葬儀で爆発が起きひとりを除き全員が死亡した。エージェント1は王冠用宝玉の強奪計画を調査していた。
 王冠用宝玉は世界中で刑務所を経営するフランス人の大富豪パスカル・ソヴァージュが費用を負担して修復されることになり今夜ロンドン塔でお披露目される。唯一生き残ったエージェントのイングリッシュが警備を担当する。
 イングリッシュはエージェントの常識として客の中の美女ローナ・キャンベルと知り合い、パスカル・ソヴァージュとも挨拶する。
 ソヴァージュ氏のあいさつ中に会場が停電となり王冠が消えてしまっ。

 優秀なイングリッシュと部下のボフは王冠を持つ犯人たちを見つけるが犯人たちは霊柩車で逃走し逃げられてしまった。

 イングリッシュは事件の黒幕がパスカル・ソヴァージュだと確信、しかし上司のペガサスは信じなかった。
 イングリッシュとボブは夜間、落下傘を使いソヴァージュのビルに侵入する。イングリッシュはソヴァージュの手下がカンタベリー大司教に化けてソヴァージュを英国王位に即位させようとしている計画をつかんだ。しかしペガサスはイングリッシュを捜査から外した。
 女王が突然退位。ソヴァージュが次期国王に決まる。

 自宅でウジウジしていたイングリッシュはローナ・キャンベルに連れ出され、北フランスのソヴァージュの城に潜り込んだ。ソヴァージュは英国全体を刑務所にしようとしていた。

 ロンドンで新国王の戴冠式が行われる。
 ・・・・・


> 扉に10と書かれている家は首相官邸

・ 監督: ピーター・ハウイット
・ 出演: 
   ローワン・アトキンソン    ... ジョニー・イングリッシュ
      ナタリー・インブルーリア、ベン・ミラー、ジョン・マルコヴィッチ

【映画の中の日本】 イングリッシュとローナ・キャンベルが回転寿司を食べる。ローナは日本通らしい。イングリッシュが妙な日本語を話す『キミノムスメサンタチニチイサイチンチンガツイテイマスヨウニ』。フランスやイタリアでは乾杯の時に「チンチン」と言うけれど...

■ジョニー・イングリッシュ JOHNNY ENGLISH (2003/2003、英国)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5735-b8f05808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)