FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
デヴィッド・リンチ:アートライフ (2016) ■
「イレイザーヘッド (1976)」「デューン砂の惑星 (1984)」「ツイン・ピークス (TV1990~1991)」などの映画監督デヴィッド・リンチのドキュメンタリー。DVDで観た。

 デヴィッド・リンチ自身が語る生い立ちからイレイザーヘッド制作まで。当時の写真や映像が多く使われている。元々映画に興味があったわけではなく美術学校で学んだ。


□ 幼いころ母親は弟と妹には塗り絵を与えたが、デヴィッドには与えなかった。
 父親の昇進でアリゾナからバージニアに移り、高校に通った。ジャック・フィスクと共同でアトリエを借りて絵を描いていた。
 いい土地のように思えて、ボストン美術学院に進学した。父親に車で送ってもらった。登校日までの2週間一度も部屋の外に出なかった。今でも外出すると緊張して、家の中にいることが多い。
 学校がつまらなくてジャックと一緒にヨーロッパに行った。オーストリアで学ぼうとしたが15日で戻ってきた。

 ペンシルベニア美術アカデミーに入る。フィラデルフィアはどんよりと恐怖が垂れ込め、病と腐敗とレイシズムがはびこっていた。一方で火花のような輝きがあって意欲ある学生たちが奮闘していた。彼らのアートライフやアートスピリットに共感した。フィラデルフィアは自分にとっていい町になった。
 恋人のペギーが妊娠しジェニファーが生まれた。
 技術知識のないまま2か月かけてアニメーションを撮影した。フィルムを現像すると何も写っていなかった。これをきっかけに実写とアニメを融合させてペギーに演技させた「アルファベット」を制作した。

 金に困っていたので仕事につき週5日働き始めた。
 ジェニファーが2~4ヶ月のころAFI(米国映画協会)の独立系映画監督の助成金に応募した。他の応募者はすでに高い評価を受けていて実績もあり勝ち目はないと思った。数か月後、合格の知らせがあった。
 「グランドマザー」はほとんどフィラデルフィアの家の中で撮影した。

 ロサンゼルスに移り AFI Conservatory(学校)に入学した。
 大豪邸の厩舎を使わせてもらい4年もそこで一本の映画(イレイザーヘッド)を創り続けた。その間にペギーは去った。父親と弟が訪ねてきて映画をあきらめるように真剣に説得された。



・ 監督: ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ニーアガート=ホルム
・ 出演: デヴィッド・リンチ

■ デヴィッド・リンチ:アートライフ DAVID LYNCH THE ART LIFE (2016/2018、米国/デンマーク)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5726-6b4ad1c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)