FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ラッキー (2017)  ★
大きなサボテンが生えている米国南部の小さな町。独り暮らしの老人の生活を延々と追う。
 町から少し離れた一軒家で一人暮らしをしているラッキーは長い間同じ生活をしている。一人で暮らしているけれど別に寂しくはない。ある日、突然倒れたことから自分がもうすぐ死ぬ運命なのだと気づき恐ろしく孤独を感じるようになる。

 ラッキーは戦争でフィリピンや沖縄に行ったというので約90歳。ラッキー役のハリー・ディーン・スタントン自身、LST(USS LST-970)の調理係として沖縄に行った。
 この映画は米国で2017年9月に公開されたがハリー・ディーン・スタントンはその2週間前に91歳で亡くなった。


□ ラッキーは朝起きるとまずたばこに火をつけラジオをつける。ひげ剃り、歯磨き、ヨガ、コーヒー。
 ブーツを履きカウボーイハットでいつものダイナーのいつもの席に座ると砂糖大目のコーヒーが出てくる。店主やウエイトレスと軽口をたたき合い、クロスワードパズルを解く。夜はエレインの店でカウンターに座り、ブラッディ・マリアを飲む。何年も同じ生活を続けている。

 ある朝、コーヒーメーカーの点滅する赤い1200を見ていたラッキーは突然倒れた。
 病院に行って検査したが異常は無し。毎日たばこを一箱吸っているのに肺も異常なし。医者はラッキーの場合はいまさら禁煙しないほうが良いかもしれないといった。
 老人にしてはすこぶる元気。医者はラッキーを殺すには銀の銃弾か木の杭が必要だといった。
 なんで倒れたんだと医者に聞くと年のせいだと言われてラッキーはショックを受ける。

 ハワードはいなくなったテオドア・ルーズベルトに全遺産を残そうと弁護士と相談している。
 ラッキーはハワードがリクガメに遺産を残そうとしていることより、死ぬ準備をしていることに動揺した。

 ラッキーがダイナーに来なくなる。

 ラッキーはダイナーで元海兵隊員に会う。ラッキーと同様に戦争でオキナワにも行った。
 たくさんの住民が子供を連れて崖から飛び降りるのを見た。
 ラッキーはLST(戦車揚陸艦)の調理係だった。楽な任務だったのでラッキーと呼ばれた。
 ・・・・・



・ 監督: ジョン・キャロル・リンチ
・ 出演: 
   ハリー・ディーン・スタントン   ... ラッキー
   デヴィッド・リンチ         ... ハワード
     ロン・リヴィングストン、エド・ベグリー・Jr、トム・スケリット、バリー・シャバカ・ヘンリー、
     ジェームズ・ダーレン、ベス・グラント

> ハリー・ディーン・スタントンとトム・スケリットは「エイリアン(1979) 」で共演した。
> ハワード役のデヴィッド・リンチは「デューン砂の惑星 (1984)」などの監督。
> ブラッディ・マリア: 普通ブラッディ・マリー (Bloody Mary) だと思うけれど「マリア」とはっきり聞こえた。田舎だからそういうのかは不明。

■ラッキー LUCKY (2017/2018)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5717-cc9e5a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)