FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
グリンチ (2000) ★
米国の児童文学作家ドクター・スースのクリスマス物語「グリンチはどうやってクリスマスを盗んだか(原題)」の映画化。宗教色はまったくない。
 子供向けのクリスマスのお話なので当然ハッピーエンド。
 ジム・キャリーがグリンチを演じている20年前の映画をDVDで観た。

 嫌われもののグリンチが街からクリスマスを盗もうとする。でもクリスマスてなんだろう?
 グリンチはなんで嫌われたんだろう。みんなと違うというだけでいじめるのはおかしいよね。


□ フーたちが住んでいるフーヴィルという小さな街の人たちはみんなクリスマスが大好き。クリスマスを祝うことをとても楽しみにしていて、持ちきれないほどのプレゼントを買っている。今年は特にフーヴィルの千年祭でいつもの年よりさらに盛り上がっていた。
 幼いシンディ・ルーのママは家をデコレーションするのに夢中でとなりのマーサ・メイよりも豪華にしようと必死だ。
 でもシンディ・ルーは本当のクリスマスはプレゼントや飾りつけに夢中になることではないのではないかと思っている。

 みんなクリスマスが大好きだけど、北のクランピット山に住むグリンチは違っていた。グリンチはクリスマスが大嫌いだったが誰もその理由を知らなかった。グリンチのハートは普通よりずっと小さかった。
 街の人たちはみんなグリンチを嫌っていたし、中でもオーガスタス市長はグリンチが大嫌いだった。

 幼いシンディ・ルーは郵便局員の父親になぜみんなグリンチを嫌うのか尋ねるが父親も理由を知らなかった。
 変装して街に出たグリンチはクリスマスに浮かれている街の人たちに次々と悪戯をしかけていった。シンディ・ルーは郵便局の奥でグリンチに遭遇する。驚いて仕分け機に落ちたシンディ・ルーをグリンチは助けてくれた。シンディ・ルーはもしかするとグリンチはいい人なのかも、と思った。

 シンディ・ルーは街の人たちにグリンチについて知っていることを教えてもらった。
 フーヴィルでは赤ちゃんはパラソルのゆりかごに乗って空から舞い降りてくる。あるクリスマス・イブのへんな風が吹いていた夜、グリンチはやってきたがみんな浮かれていて朝まで誰もグリンチに気がつかなかった。
 グリンチはみんなよりも毛深くて8歳でひげが生えていて学校でいじめっこのオーガスタスたちに馬鹿にされていた。学校でクリスマス・プレゼントを交換することになった。グリンチはクラス一の美人のマーサ・メイのために一生懸命にプレゼントを作った。その日、グリンチは顔を隠して学校にやってきた。先生に言われてグリンチが見せた顔は髭を剃ろうとして傷だらけになっていてオーガスタスたちは大笑いし先生にまで笑われた。怒ったグリンチは「クリスマスなんか大嫌いだ!」と叫んで暴れて山に登っていった。
   
 シンディ・ルーは千年祭のクリスマス名誉会長にグリンチを推薦する。オーガスタス市長は猛反対するが、シンディ・ルーは「街の法典にはフーらしくない者でもフーヴィルは温かく迎え入れると書いてある。フーヴィルはもっとも温かさを必要とする人を歓迎すべきだ」と言ってみんなの共感を集めた。
 シンディ・ルーはクランピット山のグリンチの洞窟を訪ねた。グリンチは一生懸命にシンディ・ルーを怖がらそうとするがシンディ・ルーはちっとも怖がってくれなかった。
 シンディ・ルーはグリンチが千年祭の名誉会長に選ばれたことを伝えて招待状を渡す。

 グリンチが千年祭にやってくる。市長はプレゼントとして電気カミソリを贈った。グリンチは自分が学校でいじめられたことを思い出した。おまけにオーガスタス市長はマーサ・メイに大きな宝石を贈り求婚した。
 グリンチはクリスマスツリーに火をつけて暴れまわり、シンディ・ルーは悲しんだ。
 さらにグリンチはサンタクロースに化けて家々をまわりフーヴィル中のプレゼントを盗んだ。グリンチを本物のサンタだと思ったシンディ・ルーは「グリンチを忘れないで。きっといい人だから」とサンタにお願いした。

 朝になり人々はプレゼントが消えていることに気がついた。市長はグリンチがクリスマスを台無しにしたと言った。
 でもシンディ・ルーのお父さんは「クリスマスで大切なのは心で、プレゼントや飾りつけはおまけだと私の娘は思っている。私もそう思う。」と言った。

 山頂から巨大な袋に入ったプレゼントを捨てようとしていたグリンチは歌声を聞く。街の人たちの楽しそうな歌声が聞こえてきたのだ。
 グリンチはクリスマスを盗んだつもりだったが、クリスマスはお店で買えるものではなかった。それに気づいたグリンチのハートは大きくなった。

 プレゼントの袋が山から落ちそうになる。その上にはクリスマスにグリンチに会いに来たシンディが乗っていた。
 このままではシンディは谷底に落ちてしまう。グリンチは必死に袋を引っ張った。
 グリンチはシンディと一緒に街に行きプレゼントを返してみんなに謝った。
 マーサ・メイはオーガスタス市長よりもグリンチを選んだ。
 ・・・・・



・ 監督: ロン・ハワード
・ 原作: ドクター・スース "How the Grinch Stole Christmas!(1957) "
・ 出演: ジム・キャリー、テイラー・モムセン、ジェフリー・タンバー、クリスティーン・バランスキー、ビル・アーウィン、モリー・シャノン、クリント・ハワード、アンソニー・ホプキンス(ナレーション)

【関連映画】 「グリンチ (2018)」

◆グリンチ THE GRINCH (2000/2000)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5712-e55e3274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)